HOMEYamasoブログYamasoスタッフブログやまちゃんブログ > 三協アルミ エクステリアコンテスト2015 表彰式
2015年11月25日三協アルミ エクステリアコンテスト2015 表彰式
三協アルミ エクステリアデザインコンテスト2015 ファサード部門特別賞匠の技賞W受賞 横浜の外構 山創建設株式会社
明治記念館で行われました
三協アルミ エクステリアコンテスト2015 表彰式に参加してまいりました。
応募総数約3000点の中よりYamasoの作品が、受賞し。
横浜市の外構・エクステリア会社の中では唯一のデザインと、施工のW受賞となりました。
今回の受賞は

ファサード部門 特別賞
ファサード部門 匠の技賞


の受賞です。
三協アルミ エクステリアデザインコンテスト2015 ファサード部門特別賞受賞 横浜の外構 山創建設株式会社
今回の受賞は、門周りを表すファサード部門です。

過去の受賞は地区入選賞でしたが、今回は全国特別賞です。
ようやくYamasoの作品が認められるようになりました。
三協アルミ エクステリアデザインコンテスト2015 ファサード部門匠の技賞受賞 横浜の外構 山創建設株式会社
今回より新設された 匠の技賞

この現場で受賞しなかったら、どの現場で受賞するのかと思うような施工スタッフの技術の詰まった現場が受賞でき大変うれしく思っております。
PB250021
受賞の記念盾をいただきました。

受賞作品

20150601_142409
こちらの作品が受賞作品です。
三協アルミ社の製品としてはカーポートのダブルフェース
と門扉。
庭部分のウッドデッキなどでした。
678870cb1ea8eaa2834ed3d790c92792
審査員の方の総評では審査の段階で足を止めて唸って作品。
曲線をうまく利用した、街並みを楽しくさせる作品とのコメントをいただきました。
円形の植栽帯や曲線が段々になる植栽帯。
通常の施工ではなかなか難しいものですがチームYamasoが一体となって作り上げた作品です。

78785290146f59275240c972e2b0a0eb
階段も緩やかなS字曲線を描きました。
階段幅の広い部分を左から右へ移すことにより、
歩く人が無意識のうちに広い方へ歩く心理を利用した階段です。

3fe4c738ecbace8e1dd34df8ec4a8ff5
門脇の壁は左右対称の曲線にプラスして左側にはまた曲線の植栽帯。
曲線が交差しています。

匠の技

DSCF08962
門の左側の壁の作成風景です。
門に向った直線ラインと壁際の綺麗な曲線が交差しています。
内部に入れる鉄筋も曲線にそって加工しながら積み上げていきます。
DSCF08882
門右の円形の植栽帯。
中心に鉄筋棒を立ててコンパスのように木を当ててきれいな曲線を描きました。
ブロックは普通ブロックを3等分しています。
DSCF09082
円形のブロックの積み上がり。
緑色のテープはこれから作成する階段の位置です。
DSCF09262
段々に作られる曲線の植栽帯。
基礎もしっかりと曲線での作成です。

DSCF0976
植栽帯の曲線ブロックが終了しました。


P6140276-2
ブロック壁はジョリパット塗装するため、
内外に防水モルタル。内面にも塗装を施しました。
そのようにすることで内部からの浸水を防ぎ将来的な塗装のはがれを防止する効果が高くあります。
DSCF09971
庭部分の水はけが悪いため、浸透層の設置を行いました。
透水マットを敷き、穴あきパイプを設置。
DSCF1011
パイプを既存の雨水ラインと接続し砂利層を設け、また透水シートを敷いて土をのせております。
そのようにしたことで、大雨でも水がたまることなく水はけの良いお庭となりました。
82d9204eb9cf05914c309913982357b9
お庭部分の様子です。ウッドデッキと綺麗な芝生のお庭となりました。



6941f3b40a939c6e2de5618ef1f3decf
現場で用いた施工図の一部です。
このような現場はデザイナーの高度な現場管理能力が要求されます。
こちらはデザインと現場管理を分業して行いました。
普通ならば曲線や高さをこと細かく現場にて指示を出して完成させるのですが、yamasoは施工図を作成することにより曲線の位置や高さに根拠を持たせ、施工しやすい環境を作っています。
【プランのパース図を渡してあとは職人さん何とかやって】というのが業界の通例となっているようですが、こちらが本来の形です。
施工スタッフには現場に集中して作業をしてもらい数値的に考える時間を極力省くことで作業効率をアップしています。
それがチームYamasoの底力です。

プランの意図

146
曲線を使った柔らかいイメージの外構にしたいというご希望から、家族や町の人々を“つないでくれる”温かみのあるプランを目指しました。
奥様からはガーデニングを楽しみたいというお話を聞き、その花々をご近所の方にも楽しんでいただける様に道路からも見えやすい段々花壇を作っています。
今回の課題のひとつは高低差のあるアプローチでした。
毎日通る場所であるアプローチを上り下りが大変だと感じにくいように、曲線を使いながらここを通ると楽しい気分になる、心地よい気分になる場所にしたいと思いながらプランニングしています。
メインとなるシンボルツリーは、家族だけでなく町の人からも良く見える、とっておきの位置に。
円形の花壇の中で家族と町の人々をつないでくれるような存在になってくれるのではと思っています。
そこに住まう家族が日常のなかで、ほんのちいさな幸せを感じられるエクステリア。
そこの街の人たちが、ひとことでもおしゃべりをするきっかけとなるエクステリア。
そんなエクステリアとなってほしいと思いを込めながらプランをさせていただきました。
239
曲線をふんだんに使ったファサード。yamasoでなければ、恐らくできないであろうプランです。
323
好きなガーデン小物を置いたり、庭のこみちのように楽しみながら上り下りができるアローチの階段。
413
外に開いた花壇は、家を引き立てるのはもちろん、ご近所の方とのコミュニケーションツールに。

表彰式

IMG_1176-2
今回受賞された皆様方との記念写真です。

IMG_1181
懇親パーティーでのスピーチ。
代表、プランナー、施工スタッフの3人で、インタビュー形式での作品に対する思い入れやエピソード。
ちょっとしたボケとツッコミもあり和やかに過ごさせていただきました。

3ba4d795d17146cd9f97ec2fb716654d
今回このような機会を与えてくださいました。お客様には厚く御礼申し上げます。

このようなエクステリアデザインコンテストでの受賞は大変名誉のあることでスタッフの励みにもなります。

しかしながらコンテスト入賞が目的ではなく、あくまでもお庭を使われるお客様の満足がYamasoにとって一番の喜びです。

デザインコンテストが多くあり、多くのデザイナーが賞を意識した作品作りをすることで地位が上がってきておりますが
今回は他のメーカーには無い、現場の職人さんにも陽の当たる
【匠の技】賞
が新設され受賞したことは職人不足に悩む業界にとって大変うれしい事でもあります。
応募総数約3000点の中より5作品のみに与えられたこちらの賞の重みは十分に感じております。
こちらを励みに今後の現場でもこの名に恥じない作品作りを心掛けてまいりますので
今後とも、デザイナー、施工スタッフが一体となったチームYamasoをよろしくお願いいたします。

こちらの現場の施工実績ページ
一覧へ戻る
施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方