HOMEYamasoブログYamasoスタッフブログやまちゃんブログ > 駐車場コンクリート打ち準備 世田谷区O様邸新築外構 エクステリア工事Vol.14
2016年1月24日駐車場コンクリート打ち準備 世田谷区O様邸新築外構 エクステリア工事Vol.14
RIMG13531
こんばんは

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は駐車場のコンクリート打設準備の様子です。

仕上げはもちろんでが、中身にこだわるyamasoの施工の様子をご覧ください。

RIMG1314
アプローチ・歩行者通路となる部分と、駐車場となる部分の境にピンコロを並べました。ピンコロの下にもコンクリート。撮影が漏れてしまいましたが、コンクリートには鉄筋が入っています。
入れないとピンコロが後日下がる恐れがあります。
RIMG1315
ピンコロもホームセンターなどで販売している安価品では形が不ぞろいのため、凹凸が激しいのですが、yamasoでは形の良い製品を使用しています。

RIMG1317
ピンコロの目地詰め。
業者さんによって。またYAMASOスタッフでも目地の入れ方にはやり方が違いますので、ご参考までに。
RIMG1323
中央スリットもピンコロなどで行うときれいに見えます。

RIMG1328
駐車場の路盤工事です。
砕石を100mmほど敷き均し、転圧します。
コンクリート厚みの標準値をyamasoでは120mmとしています。
仕上げより100mmほどでおよそ敷き均し、転圧して20mmほど下がるように計算して施工しています。
RIMG1336
砕石路盤の確認。
この高さがコンクリートの厚みとなります。
このポイントでは125mmほどでした。

先日土間コンクリートまではハウスメーカーの範囲という現場がありましたが、100mmというはなしが、70~80mmという部分が多々ありました。 大丈夫なの???と疑問に持ちましたが・・・。
RIMG1344
コンクリート打設前に、ピンコロに撥水材を塗布します。
RIMG1349
こちらを塗布することで、コンクリートを打設した際のピンコロの目にコンクリートのアクが入らないように。また後日きれいなままでいるように塗布しています。

これを目地詰めの前にやるということも試したことがありますが、その時は目地材と石との付着が悪く、土間コンクリート打設前のほうがよさそうです。

(同業の方これ見てマネするんだろうなぁ)
RIMG1346
隣地万年塀にコンクリートが付着しないようにケイカル版(ボード)を張りました。
後日塀を壊した際にもこちらの土間コンクリートに影響がないようにするためです。
見積りにはこれを行う項目はありませんが、やっておいたほうがいいよね。という現場との話の中でした。
RIMG1353
床のやイヤーメッシュ敷きです。
100×100のマス目の太さ5mm。
通常では150×150のマス目で太さ5mmが多いようですが
タイヤの設置面積や強度を考慮してYAMASOではこちらを標準仕様としています。
隣の現場ではワイヤーメッシュのつなぎ目を突き付けて入れていましたが、それでは弱い部分ができてしまいひび割れの原因となります。
必ず1マス分重ねて施工します。
1m×2mの製品ですが重ね部分を入れると有効面積としては0.8×1.8ほどになり、1枚で1.44㎡となります。

本日は以上となります。
ありがとうございました。
  1. 必須
  2. (※必ず同じメールアドレスをご記入ください)
  3. 必須
  4. 必須
  5. (※「〇月頃~」や「限りなく早く」など、ご希望の時期をご記入ください)
  6. 必須
  7. ご希望の対応は?



  8. お問い合わせ方法
  9. 必須
  10. 必須
  11. ※日曜日はお休みとなっています。
  12. 外構・庭まわりで興味があることを教えてください
  13. (※工事される地域を町名まで入力してください)
  14. 必須
  15. 本サイトをどのようにお知りになりましたか?
  16. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックして
    ください。確認画面はありません
    (ボタンを押すと直ちに送信します)
 

関連のYamasoブログを見る
一覧へ戻る
施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方