HOMEYamasoブログ施工ブログ > 擁壁・土木工事

擁壁・土木工事

2017年1月12日擁壁工事  鎌倉市A様邸
こんばんは。
いつもご覧いただきありがとうございます。

現在Yamasoでは一般外構工事と並行して地下車庫兼擁壁工事も行っております。
この後住宅基礎まで行う予定です。

昨年11月から始まり現在の様子です。
設計事務所さんが入っているので、細かな指摘が多く
土木系の擁壁工事というよりも建築系の地下車庫兼擁壁工事という感じです。

何が違うの?といわれると、土木系と違い建築系のミリ単位の寸法での作成。パネルやPコン(擁壁の枠用の穴)の割付。
建具の開口寸法等々細かな要望があります。
地下車庫と擁壁だけでしたら、土木系では設計図だけで作成できることが多いですが
今回は住宅や設計者のこだわりも有り、施工図作成や細かな打合せが多いです。
外構工事という域は超えており、住宅基礎と言う範囲でもないので
コンクリート造マンションを作るような技術を必要とされるものです。

久しぶりに本気で現場監督行いました。
建築屋さんの血が騒ぐところです。

20170111_081331
2台分の地下車庫です。
お客様の意向でパネルは横遣いとなりました。
地下車庫内部と、擁壁でパネル高さを揃える。
簡単なようで結構大変でした。
20170111_081334
擁壁は高さ2m。曲型のパネルを使い曲線で作成しまいた。

この土地でも上の地盤より1mぐらいで水が湧き出ています。

今回外構工事は行わないことになっております。
設計事務所さんが入っているので、外構設計もそちらで行っています。
今回は自社の設計ではないためお断りしました。

自社で設計しない場合はYamasoでは基本的のお断りしています。
せっかくの仕事の受注のチャンスが・・・・とよく言われますが
自社で設計デザインしないと
何故個々にこんなものが?
この色使いのほうがいいのに?
などと疑問を持ちながら作ることになり
お客さんに嘘をつきながら仕事をしているような気がしてしまい
後悔が残りそれならばやらないほうが良いということにしました。

会社を大きく受注を伸ばすとなれば方針転換もありでしょうが
それではYamasoの会社の価値や存在意義もありますので
しばらくは今のスタイルで行っていく方針です。

外構設計をお客様の声を聞きながら一緒にするのでしたら、建設会社でもハウスメーカーでも行いますが・・・。

そんな会社が日本に一つぐらいあってもいいですよね。

2015年10月1日がけ崩れ処理・防止の協議
P9290530
近所の工務店さんから声がかかり、横浜市内の某箇所のがけ崩れ箇所の相談に乗ってほしいと依頼されました。 
崩れたのは先週の大雨の時のようです。横浜市の方で道路をふさいでいた樹木を撤去しシートをかけたようでした。

敷地の図面を拝見し土留め、落石防止対策を講じなければいけないのですが、既存の土砂等々を撤去しなければ、土地の姿や私有地の道路形状も不明なため、既存の撤去をしたのちにどのように造るか改めて検討しようと思います。

建築局防災課

QS_20151002-085258
がけ崩れ等の危険個所については横浜市建築局建築防災課が担当部署となります。
がけ防災に関しましては横浜市のホームページをご参照ください。

建築局防災課に行き、現在話がどこまでされているか伺って来ました。

今回は私有地のため横浜市の事業ではなくあくまでも土地の所有者の意志によるものとなります。
市としては、災害が起こらない様に改善要望書を所有者に提出しましたということです。

【改善要望書】
この改善要望書は、あくまでも要望であり、義務ではないということがあいまいなところでもあります。
近所の方があそこ危ないと役所に言うと、役所が確認したうえで所有者に要望通知をするという事もあります。

この改善要望書があると、防災工事の助成金制度の利用対象となります。
こちらを利用するために、所有者が要望書ください。と言うこともあります。
以前yamasoで工事した現場では、役所に要望書くださいと申し出ました。
QS_20151002-192616
横浜市より上記のような資料をいただきました。
どのやり方でやるかは所有者の任意であり、市の方からはこれでやってくれとは言えないということでした。

個人負担となりますので、当然と言えばそうかもしれないですね。
QS_20151002-192643
工事の種類により、助成金が出るようです。
とても賄える金額ではありません。
距離に応じて金額が変わるということでもないので、
範囲が3mでも100mでも助成金の額は一緒!?という矛盾もあります。
こちらは今年27年4月から新たにできた助成制度のようですので、今後変わるのでしょうか?

土木事務所にて

次に所轄の土木事務所です。

こちらは道路管理などが主体となりますので、話をしてもと言うことにもなりますが、今回崩落直後の処理やバリケードを行っていますので、お話を伺いに行ってきました。

あいにく、担当の方が不在でしたが道路拡幅に伴う敷地の提供?等の協議をしている最中と言うことです。
道路後退等がある場合敷地いっぱいに防護柵を建てては道路拡幅ができなくなりますので、こちらも後日改めて協議と言うことになりました。

区役所

所轄の区役所総務課へ。 危機管理係がありそちらへ協議に。
建築・土木は専門外となりますので技術的な話は無しとして、
話を伺いましたが、こちらはさすがに区役所の総務課。 
近隣・町内会等の方からの要望で早く治してほしいという声の窓口でした。

できるだけ早くやってほしいと強く要望されました。

今後の動き

崩落個所の上部の方がまだ崩れる可能性があり、近隣の方は不安かと思われます。
所有者の方との協議で、早めに除去・緊急措置は行う予定です。
その上で、擁壁・防護柵等のがけ地減災対策の工事の計画・施工となります。
所有者の方と協議しながら、近隣の方の不安を早く取り除ければと思います。
yamasoは最近では横浜市近郊での外構 エクステリア 専門業者となっていますが、もともとは小さなゼネコン?サブコン(総合建設業)です。

今日の動きは、エクステリアデザイナー。と言うよりも、完全な建築士としての役割でした。
そういえば私は建築士なんですよね。山創建設株式会社二級建築士事務所。という看板があり、管理建築士として登録しております。(ちょっと忘れてました。)

今回は外構と言う枠を超えた、土木工事となります。やり方は一つではないので、お客様との話し合いの上でどの工法で行うか決めますが、後にどう使われるかも聞きながら進めていきたいと思っています。

外構デザイン会社が土木工事を行う利点としては、将来的なデザイン。使い勝手まで検討して工事を行う。(設計する)と言う点です。
擁壁工事などが伴う住宅の外構工事がありますが、なぜか壁を作って家を建ててあとの残った範囲が外構。と言う残念なケースが多いのが事実です。
玄関アプローチを兼ねた駐車場でも敷地境界から建物まで3mあれば何とかなるという甘い設計者が多く、住まわれる多くの方がもっと幅が広ければという不満を持っています。
敷地境界から3mあっても、ブロックで12cm。擁壁を作成すると最低でも15cm。建物までの距離は柱芯なので外壁の外側では8cmほど内側に入ります。
そうすると駐車場の正味は約2.8m。車を停めた場合。壁際の隙間もあり助手席側に壁とするとドアミラーもあり2.1mほどに。
残りは70cmほどになります。
荷物無しで通る分には通れますが、両手に荷物があると狭いですね。
自転車を車の後ろに…なんて考えるともっと広くしたらいいのに。と言うことになります。

外構は住む方のライフスタイルを考えながらデザインまで考えていますので、できましたら住宅建築の設計図が固まる前に一言お声かけいただけるとより良いアドバイスができるかと思います。
きっと良いお話ができると思います。

横浜での外構 エクステリア工事は yamasoへ

2014年11月19日擁壁を安くするための申請
今日は午前中役所に行き、擁壁作成の相談に。
yamasoで扱っているトムトラスト重力式擁壁は事例がないため不可と。
(擁壁=ようへき:コンクリートの壁)

事例がないから不可ではなくて・・。
法令では鉄筋コンクリート造擁壁または無筋コンクリート造擁壁で構造計算によって確認されたもの・・・。
となっており、無筋コンクリート=間知石擁壁では必ずしもない。
きちんと構造計算して証明すればその工法もありと了承されました。

これで、きちんと申請をして作成すれば、通常のL型擁壁の2/3程度の金額で擁壁を作成することが可能となります。

今後の道を切り拓くためにも頑張らなくては。

トムトラストの説明ページはこちら



2013年5月23日隣地境界ブロック積み 横浜市保土ヶ谷区間知石積み擁壁工事 その6

こんばんは

いつもご覧いただきありがとうございます。

横浜市保土ヶ谷区で行われました間知石積み擁壁工事の様子です。

第1回 プロロ~グ はこちら

第2回 助成金 はこちら

第3回 伐採 はこちら

第4回 スラブ撤去 はこちら

第5回 樹木切断 はこちら

今回は隣地境界ブロック工事です。

ブロック積み前

ブロック積み前

ブロック積み前は、特に境はなく、今回の工事で先に仮設でシートを張っていました。

掘削後

掘削後

路盤砕石敷き&転圧

路盤砕石敷き&転圧

鉄筋組み

鉄筋組み

ブロックベースコンクリート打ち

ブロックベースコンクリート打ち

鉄筋は400mm間隔にて入れてあります。

ブロック積み

ブロック積み

ブロック積み完了
ブロック積み完了
ブロック積み完了

ブロック積み完了

ということで、3日ほどで隣地ブロック工事は完了です。

ブロックの厚みは一部土に掛かる部分があるため150mmを使用しました。

上部には後日メッシュフェンスを施す予定です。

次回からはいよいよ本体工事です。

実際にはこの後に確認申請手続きや、受領後の助成金申請等にて3ヵ月後になりました。

本日は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

---

第1回 プロロ~グ はこちら

第2回 助成金 はこちら

第3回 伐採 はこちら

第4回 スラブ撤去 はこちら

第5回 樹木切断 はこちら

---

相談は無料です。お気軽に。

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話の方は 045-820-5185 へ

横浜で外構 横浜でエクステリア のご相談は yamaso

横浜市港南区芹が谷1-26-10

車・徒歩でのアクセスはこちら

4月のyamasoホームページの個別ページ アクセス数ランキング

第1位

業界初!片側支持の2台用のカーポート【ダブルフェース

ダブルフェース

ダブルフェース

第2位

三協アルミの担当者2押し商品

ハピーナ&NEWビックバルコニー

第3位

安い化粧ブロック レガロ

第4位

木目調のカーポート 【アートポート】新発売

第5位

ガーデンルームを選ぶときはどこをチェックする?

メーカーさんもこのページで勉強しています。

ガーデンルームハピーナ 徹底検証 その2

第6位

LIXILの新しいカーポート

ファサードを魅せるカーポート アーキフィールド 登場

アーキフィールド

アーキフィールド

2013年5月18日樹木切断 横浜市保土ヶ谷区間知石積み工事 その5

こんばんは

いつもご覧いただきありがとうございます。

横浜市保土ヶ谷区で行われました間知石積み擁壁工事の様子です。

第1回 プロロ~グ はこちら

第2回 助成金 はこちら

第3回 伐採 はこちら

第4回 スラブ撤去 はこちら

今回は樹木撤去の続きです。

1006060058

スラブがなくなりすっきりしたところでケヤキの木の撤去です。

dscf3357吊りあげながら切った木を持てる重さにカット。

dscf33612tトラックに手で積み込みました。

dscf3364すっきりと切断しました。

根は後日です。

それにしても大量のおがくずが出ました。

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

第1回 プロロ~グ はこちら

第2回 助成金 はこちら

第3回 伐採 はこちら

第4回 スラブ撤去 はこちら

相談は無料です。お気軽に。

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話の方は 045-820-5185 へ

横浜で外構 横浜でエクステリア のご相談は yamaso

横浜市港南区芹が谷1-26-10

車・徒歩でのアクセスはこちら

4月のyamasoホームページの個別ページ アクセス数ランキング

第1位

業界初!片側支持の2台用のカーポート【ダブルフェース

ダブルフェース

ダブルフェース

第2位

三協アルミの担当者2押し商品

ハピーナ&NEWビックバルコニー

第3位

安い化粧ブロック レガロ

第4位

木目調のカーポート 【アートポート】新発売

第5位

ガーデンルームを選ぶときはどこをチェックする?

メーカーさんもこのページで勉強しています。

ガーデンルームハピーナ 徹底検証 その2

第6位

LIXILの新しいカーポート

ファサードを魅せるカーポート アーキフィールド 登場

アーキフィールド

アーキフィールド

施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方
工事着手金はいただいておりません
数多くあるサイトより、ご覧頂きありがとうございます。
お客様目線を第一に、自社のアピールより、お客様の知りたい情報、どう選んだらいいのかを考えてHPを作成しています。
社長あいさつ
日経産業新聞にて弊社が紹介されました。
お役立ち情報
仕上げの種類
メーカー1押し商品
工事会社の選び方
新商品お勧め品情報
キャンペーン
用語集
よくある質問
エクステリアプランナーとは?
聞いてなっとく!会社選びのコラム
施工実績
駐車場2台分以上の工事
新築外構
外構リフォーム
ちょっと難しい工事
庭を広げるリフォーム
擁壁
プラン集
商品情報
商品紹介
売れ筋ランキング
商品価格帯早見表
おすすめ樹木
お手頃ガーデン
お手入ワンポイント
Yamasoとは?
会社概要
6つの特徴
Yamasoでできること
工事の流れ
工事契約・着工までの流れ
料金について
外構の保証
yamasoが選ばれる理由
ある新築エクステリア工事のストーリー
お客様の声
スタッフ紹介
Yamasoブログ
山創建設株式会社
〒233-0006
神奈川県横浜市港南区
芹が谷1-26-10
TEL 045-820-5185
FAX 045-820-5186
その他のコンテンツ
ホームページの見方
電話の掛け方
依頼の仕方
リンク集
サイトマップ
個人情報保護方針