HOME商品の選び方 > 跳ね上げ門扉(オーバードア/ウィングゲート)の選び方

跳ね上げ門扉(オーバードア/ウィングゲート)の選び方

QS_20230113-142017
ー跳ね上げ門扉の特徴ー

最近のクローズ形式の駐車場スペースによく使用される跳ね上げ門扉。
その製品の特徴や種類の紹介です。



ー呼び方ー

跳ね上げ門扉はメーカーによって呼び方が異なります。
LIXIL:オーバードア
三協アルミ:跳ね上げ門扉
YKKAP:アップゲート
四国化成:ポップゲート
上記のように同じ機能を持った商品で、このように呼び方が違う製品も珍しく、お客様にも混乱が生じることもあります。



QS_20221224-090207a
ー近年商品の特徴ー

近年は多様なデザインがあり、最近では木目調の製品も多く出てきております。
また鋳物の製品も四国化成より発売されており、住宅に合った製品を選ぶことができます。
またフェンスなどと跳ね上げ門扉を組み合わせてコーディネートすることも可能です。

弊社では電動式をお勧めします。
その理由として3つあります。
aaasss
1つ目は、車からではなくてもリモコンで
      開閉ができます。
2つ目は、安全システムがあり、障害物に
      ゲートが当たると停止したり再
        上昇したりします。
3つ目は、ゲートのモーターにはブレーキ
      の機能が入っているので防犯性
      が考慮されているところです。

値段は上がってしまいますがメリットは多くあります!



QS_20230113-144322
ーサイズを選ぶときの注意点ー

各メーカー主なサイズは2つで271mmと5412mmとなっております。
他にも3012mm・5410mm・5312mmなどなど各メーカーで様々なサイズが選べます。
QS_20230112-145003
設置する場合、高さは1200mmの物を選ぶ方がほとんどです。大体胸に近い高さです。
開けた時の高さに関しては、標準タイプとハイルーフタイプがあります。
標準タイプは1850mm前後。
ハイルーフタイプでは2150mm前後です。
将来ワンボックスタイプを検討されている方は、ハイルーフタイプが良いでしょう。
page2-4-column11
QS_20230112-145713
!注意!
幅に関しては設置幅での呼び名です。
幅2700mmタイプの場合、柱などを除いた駐車有効幅は、2428~2468mm(各メーカーにより異なる)
幅5400mmタイプの場合で5088~5168mmとなります。
メーカーにより幅300mm単位での製作が可能です。
駐車スペースに応じて検討してみるのも良いでしょう。
QS_20230112-151639a
ー他のクローズ商品ー

以前では、チェーンポールや、伸縮門扉(アコーディオン門扉)が広く使用されていましたが、最近ではこちらの製品が良く使用されるようになりました。
QS_20230113-150005
・・・チェーンポール・・・
安価ではありますが、囲いとしての性能は低く、風の強い時揺れて車が傷つく。子供が揺らして遊ぶ。
などの問題が生じております。

【チェーンポールの製品はこちら】



as1
・・・アコーディオン門扉・・・
以前はこちらの製品が主流でしたが、旧型の車輪部分が壊れやすいなどと敬遠する方が増えてきました。
最近では改良され、車輪無しの物も増えてきており、根強い人気はあります。
閉塞時に落し棒をする必要があり、これを忘れると強風時に道路に本体が膨らんで飛び出るなどの支障があります。

【アコーディオン門扉の製品はこちら】



QS_20230113-153456
・・・引き戸・・・
学校の門などによく使用されておりますが、開けた時に同じ幅以上にスペースが必要となってきます。
また設置する場所が平らでなくてはならなく、住宅では設置する場所に限りがあります。

【引き戸の製品はこちら】


ーQ&Aー

 電動式
Q1 停電時はどうなりますか?
A1 手動での切り替えが簡単にできますので、ご安心してお選びいただけます。

Q2 ゲートと公道までちょっと距離があるけど、電波届きますか?
A2 オプションでアンテナの延長が各メーカーできます。

Q3 リモコンを使わないでゲートを開けることはできますか?
A3 ゲートの内側には操作スイッチがありますが、外側には防犯上リモコンを使わないで開けることができません。

Q4 無線はどのくらいのところから使えるの?
A4 環境にもよりますが、約10mです。


 手動式
Q1 手動の場合重くないですか?
A1 スプリング式ですので女性でも簡単に開ける事ができます。

Q2 手が届かないと思うんだけど・・・?
A2 オプションなどで取手やフック棒をつけられるメーカーがありますのでご安心ください。


 その他
Q1 傾斜地でも取付けることはできますか?
A1 下部にあるストッパーをロングタイプにすることにより最大300mmまで対応が可能です。それ以上の場合はご相談ください。弊社では540mmの高低差で取付けたこともあります。

Q2 どのようなデザインを選んだら良いのか分かりません?
A2 良く聞かれる質問です。小さなお子様がいてボール遊びをする場合、大きなマス目の物より縦横格子を選ぶ方が大きなボールが飛び出さないので良いかと思います。また、横格子で格子間隔が広い場合はお子様が登りそうということで敬遠される方もおります。住宅のフェンスに合わせて縦格子や横格子を選ぶと統一感のあるすっきりとしたエクステリアになります。木目ラッピング材も玄関扉に合わせた色調を選ぶと良いでしょう。
商品一覧はこちらから
一覧へ戻る
施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方
工事着手金はいただいておりません
数多くあるサイトより、ご覧頂きありがとうございます。
お客様目線を第一に、自社のアピールより、お客様の知りたい情報、どう選んだらいいのかを考えてHPを作成しています。
社長あいさつ
日経産業新聞にて弊社が紹介されました。
お役立ち情報
仕上げの種類
メーカー1押し商品
工事会社の選び方
新商品お勧め品情報
キャンペーン
用語集
よくある質問
エクステリアプランナーとは?
聞いてなっとく!会社選びのコラム
施工実績
駐車場2台分以上の工事
新築外構
外構リフォーム
ちょっと難しい工事
庭を広げるリフォーム
擁壁
プラン集
商品情報
商品紹介
売れ筋ランキング
商品価格帯早見表
おすすめ樹木
お手頃ガーデン
お手入ワンポイント
Yamasoとは?
会社概要
6つの特徴
Yamasoでできること
工事の流れ
工事契約・着工までの流れ
料金について
外構の保証
yamasoが選ばれる理由
ある新築エクステリア工事のストーリー
お客様の声
スタッフ紹介
Yamasoブログ
山創建設株式会社
〒233-0006
神奈川県横浜市港南区
芹が谷1-26-10
TEL 045-820-5185
FAX 045-820-5186
その他のコンテンツ
ホームページの見方
電話の掛け方
依頼の仕方
リンク集
サイトマップ
個人情報保護方針