LIXIL お役立ち情報

LIXIL / 両親もこれなら安心!手すりの高さの決め方

メーカーのお役立ち情報・キャンペーンなどをご紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LIXILのエクステリアで100のいいコト】18/100

様々な希望を叶えて建てたお家でも、住んでいればあれこれ出てくるお悩みや困りごと。そんな住まいのエクステリアのお悩みや、毎日の暮らしがちょっと良くなる「いいコト」をご紹介するこのシリーズ。

ナビゲートするのは、築5年の戸建てに住む主婦の陸田知美(りくたともみ)さん。周りの人からはシルミさんと呼ばれています。情報収集に熱心で、時にはご近所さんのお悩みまで解決してしまうしっかり者。さて、今回のテーマは?

離れて暮らす親の住まい、気になりませんか

高齢者だけじゃない!
手すりは家族の安全を守るもの

高齢者とされる年齢になっても、まだまだ心も体も若い方が増えています。しかし、個人差はあるものの手足の筋力や視力は少しずつ低下するもの。イメージしていた通りに動けず怪我をしてしまうことがあります。特に家の外は雨など天候の影響も受ける場所。「まだ早い」と思う方も、手すりを設置することで怪我を未然に防ぐことができます。また、手すりは高齢者や障がいのある方だけのものではありません。バランスのとりにくい妊産婦の方や小さな子ども、怪我をしている人にとって、手すりは歩行をサポートしてくれる心強いもの。ご家族やご友人の出入りが多いお宅は、手すりを設置することが周りの人への気遣いにもつながるのです。

玄関アプローチの手すり。適切な高さは?

玄関から道路までのアプローチ部分に手すりを設置する場合、身長にもよりますが適切な高さは「75~80㎝」と言われています。下りの時に手を握る場所が低くなりすぎないように、廊下や通路の手すりより少し高めに設定します。また、降り口、昇り口には20㎝以上の水平部分を設け、動作がスムーズになるようサポートするとよいでしょう。

手すりと言えば丸い筒形のものが一般的ですが、人によってしっかり握れない方もいます。LIXILのグリップラインは、筒状のφ38手すりの他、手のひらや肘で支えられ、さらに握ることも可能な楕円形の手すり形状。あらゆる人にとって、安全性の高い設計です。

 グリップライン

使いやすさと安全性に配慮した手すり。手のひらにフィットする自然なR形状の楕円形の手すりで、手のひらや肘で歩行するのに最適です。指も掛けやすく、手すり下側の溝には樹脂製の溝ふさぎ材をはめ込んでいるので、指をはさむ心配もありません。強度も十分な安心感のある手すりです。

◎機能 : アルミタイプ(3色)、樹脂タイプ(2色)
◎形状 : 丸、楕円

「安全性だけでなく、デザインにもこだわりたい」という方にはLIXILのアーキレールがおすすめです。木目のカラーもあるので、玄関扉や外壁に合わせてコーディネートが楽しめます。玄関先に馴染むデザインでありながら、手すりがあることで「段差がある」ことへの視認性を上げ、転落を未然に防ぐ効果が期待できます。

 上面ベース用角柱使用

笠木:クリエダーク 
柱:シャイングレー

 埋込用丸柱使用+欧風縦桟付き

笠木:ブラック 
柱:ブラック

メールでお問い合わせ

otoiawase★yamaso.net

迷惑メール防止のためコピー&ペースト送信時は
★部分を小文字の@に切り替えて送信ください

お電話でお問い合わせ

営業時間:9時〜18時  

定休日:毎週火曜日 第2、4日曜日