LIXIL お役立ち情報

LIXIL / 外からの視線には目隠しフェンスを!後付けするときのポイントは?

メーカーのお役立ち情報・キャンペーンなどをご紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LIXILのエクステリアで100のいいコト】15/100

外からの視線には目隠しフェンスを!後付けするときのポイントは?

様々な希望を叶えて建てたお家でも、住んでいればあれこれ出てくるお悩みや困りごと。そんな住まいのエクステリアのお悩みや、毎日の暮らしがちょっと良くなる「いいコト」をご紹介するこのシリーズ。ナビゲートするのは、築5年の戸建てに住む主婦の陸田知美(りくたともみ)さん。周りの人からはシルミさんと呼ばれています。情報収集に熱心で、時にはご近所さんのお悩みまで解決してしまうしっかり者。
さて、今回のテーマは?

くつろぎのお庭なのにくつろげない・・・

お隣さんのようにご近所や通りから目隠しをしたい場合には、隙間が小さく、背の高いフェンスに変更するのが手っ取り早い方法の1つです。ただ、設置場所や高さによっては圧迫感が出てしまうことも。色や素材の工夫が必要です。

例えばLIXILの「フェンスAB」は完全目隠しタイプ、採風タイプ、採光タイプなどがあり、ご家庭のニ  ーズに合わせてお選びいただけます。目隠ししながら爽やかな風を取り込むなら、ルーバータイプが良いでしょう。
しっかり目隠しをしたいなら、高さ140㎝の高尺タイプがおススメです。圧迫感が気になる場合は、薄めの色を選ぶと存在感もソフトになります。

また、同じ高さでも素材感が違うと印象が変わってきます。LIXLの「フェンスAA」は、天然木のような風合い。高さがあっても包まれるような心地よさが感じられ、近隣の方にとっても、馴染みやすいデザインです。

フェンスだけでは物足りない方には、さらに高さのあるスクリーンもおススメです。スクリーンは、フェンスの中でもプライバシー空間を作る機能を高めたもので、侵入者や視線をさえぎるための十分な高さや、目隠しの機能を備えています。周囲を囲うことで、ちょっとした空間が生まれるのも魅力。

LIXILの「プラスG」はデザイン性の高いスクリーンが豊富。明るさはそのままに、視線を遮るポリカパネルタイプの目隠しスクリーンは、隠したい位置にクリアマットパネルを取り付けられます。

可動式スクリーンは、隠したい時は閉じ、風を通したい時は開けられる、いいとこどりのスクリーン。室内と屋外をゆるやかにつなぎ、現代風の縁側空間を作ることができます。

※完全な目隠し機能はありません。
※完全に光を遮断するものではありません。
※水密性はありません。

お庭での時間を充実させたい方は、思い切ってガーデンルームを設置してはいかがでしょうか。屋外の開放感を味わいながらも、屋根や壁に囲われる安心感の中、ゆったりと過ごしたくなる贅沢な空間です。

フェンスやスクリーン、ガーデンルームは、プライバシーを守るだけでなくこれまでにない新たな空間を作り出すことが可能。庭の広さや間取りに合わせて、ピッタリのものを探してみてはいかがでしょう。

メールでお問い合わせ

otoiawase★yamaso.net

迷惑メール防止のためコピー&ペースト送信時は
★部分を小文字の@に切り替えて送信ください

お電話でお問い合わせ

営業時間:9時〜18時  

定休日:毎週火曜日 第2、4日曜日