HOMEYamasoブログYamasoスタッフブログ > やまちゃんブログ

やまちゃんブログ

2018年8月24日横浜市ブロック塀助成金  (ブロック塀等改善事業) 横浜市で危険なブロックを直す助成金(補助)のご案内
QS_20180824-154829
横浜市でもブロック塀の改善について助成金が出るということが8月22日に決まりました。

どのような事象になるか、横浜市の担当課の方にお話を伺ってきました。


※ こちらは平成30年8月24日現在のものとなります。市の状況等こちらのホームページとは関係なく変更される場合がありますのでご了承願います。
8月24日現在でのお話を横浜市建築局へ伺ったところ、
現時点では、助成金を出そうという話が決まっただけなので、
どのような場合にどう対処してどれぐらい助成金が出るという個別案件に関しては回答できない。
ということでした。
まだ市議会の予算も通っていないので10月4日の告示までお待ちください。固まっていない段階なので個別案件についても回答しかねます。
とのことです。

基本的には1m以上あるブロック塀等は危険対象物とみなして倒壊があった場合人命にかかわる。
ということの助成です。
土留めで使用しているブロック塀、間知石や擁壁上のブロック塀などは、そもそも論として許可されていないということがあります。
2段ならしょうがないか・・・という話もあります。

なんでもダメダメというよりも暗黙の了解というグレーな話が実在します。

でもグレーな部分での助成金は無いとも思われます。
実際にフェンスを作る場合に土の流出を防ぐためブロック2段は欲しいでしょう。
そのあたりは実際の案件として横浜市へ相談されると良いでしょう。
YAMASOとして横浜市からの協力要請があれば応じますというお話をしてきました。

ブロック塀等改善事業

平成30年6月の大阪府北部における地震では、ブロック塀等の倒壊が原因で人命に関わる被害が発生しました。このことを受け、横浜市では、地震発生時における歩行者への被害を防止する観点から、新たに市内全域で個人が所有するコンクリートブロック塀等の改善工事を対象とした補助制度を創設します。(事業終了:平成33年度末)

1 補助制度の概要

(1)対象エリア 横浜市全域
(2)対象ブロック塀等 道路等に面したブロック塀等で、高さ1m以上のもの
(3)補助金を申請できる方 ブロック塀等の所有者又は管理者で、個人の方

※「道路等」とは、建築基準法第42条に規定する道路又は多くの方が通行する同法第43条第1項ただし書の規定にかかる空地
※「ブロック塀等」とは、コンクリートブロック塀、コンクリート製の塀、石積塀、万年塀その他これらに類する塀及び門
※「身近なまちの防災施設整備事業」又は「狭あい道路拡幅整備事業」の対象となる場合は、「ブロック塀等改善事業」は利用できません。
※補助対象の可否については、事前調査等により判定します。

2 補助対象となる工事

(1)除却 原則、ブロック塀等を全て除却する工事
(2)新設 ブロック塀等の除却とセットで行う、軽量なフェンス等、門又は生垣の新設工事

※「軽量なフェンス等」とは、ネットフェンス、アルミフェンス、その他これらに類する塀
※幅員が4m未満の道路等の場合、軽量なフェンス等又は門の新設にあたり、道路等の中心から2m以上後退が必要なことがあります。

3 補助額

次の(1)~(3)のうち、最も低い額
※ 見付面積:道路等の側から見たブロック塀等の面積
ブロック塀等の除却工事(撤去工事) 軽量フェンス等の新設工事
(1)補助率 対象工事費の9/10 対象工事費の1/2
(2)標準工事費 見付面積×6,400円/㎡ × 9/10 基礎を新設する場合:長さ×73,500円/m × 1/2
既存の基礎を使用する場合 長さ×34,800円/m×1/2
生垣を設置する場合 長さ×6,000/m×1/2
(3)上限額
30万円(ただし新設工事は除却工事と合わせた上限額)

4 手続きの主な流れ

QS_20180824-160601
平成30年6月18日以降平成30年10月3日までにブロック塀等の除却工事を行った方については、特例として、事後の申請による補助を行います。条件等ありますので、詳細は建築防災課までお問合せください。

5 事前相談お申し込み方法

 「事前相談票」にご記入のうえ、次のいずれかの方法によりお申し込みください。
(1) 建築防災課の窓口の場合:ご来庁の際に、事前相談票をお持ちください。
(2) 郵送の場合:〒231-0012 横浜市中区相生町3-56-1 JNビル12階 「横浜市建築局建築防災課」宛
(3) FAXの場合:045-663-3255
(4) 電子メールの場合:kc-block@city.yokohama.jp

6 お問い合わせ先

横浜市 建築局 企画部 建築防災課
☎045-671-2930 (受付時間 平日 8時45分~12時・13時~17時15分)
〒231-0012 横浜市中区相生町3-56-1 JNビル12階 (案内図はこちら

※ 以上が横浜市ホームページからの転用となります

ブロック塀診断について  危険なブロックの点検、診断

QS_20180827-134226
国土交通省ホームページより抜粋
ブロック塀診断士
ブロック塀診断士 という資格があります。
診断士の受験資格には1・2級建築士、1・2級建築施工管理技士、1・2級土木施工管理技士、1・2級造園施工管理技士、タイル・左官・ブロックの技能士、建築コンクリートブロック工事士、1・2級エクステリアプランナーの
いずれかの有資格者となっています。

でも・・・これはブロック積んだことが無い人もとれる資格なんです。。。
5年おきに更新となっていますが更新の際の講習もありませんので・・・。

診断するよりも、どう直すかが聞きたいところかと思います
見た目心配であればほぼダメでしょう。
診断費用を払うならば、工事もやっている会社にお願いすることで
鉄筋量を増やしたりブロックの厚みを厚くするなどに費用を回した方が良いと思います。

診断士=ブロックを工事する会社ではありませんのでご注意ください。


(あくまでも個人的な見解となります)

YAMASOではブロック塀診断というよりもどう直すのか?を重点に置いてます

IMG_20180820_180618
ブロック塀診断に費用をかける方はごくまれで、どう直すか? ということが本題となります。
ブロックの基礎は? ブロックの厚みは? 高さはどれぐらいまでなら?
上につけるフェンスは? ブロック塀が目隠しになっていたのでフェンスも目隠しに?
土に接するブロックはすべてダメ?等々
いろいろな疑問点があるかと思います。

直す方法も全てを直すのは原則論だけれども予算の都合上部分的に。ということもあります。
ブロックのひび割れた原因は何か?という観点からどう直す。というところまでのお話をさせていただいております。

単純にブロックを低くしてフェンスをつけるだけ。できるだけ安く。
ということでしたら、いろいろな会社に見積もりを依頼して安い会社を探せばよいのですが、基本的には危ないブロック塀を安全にする。ということです。
安い会社と高い会社ではブロックに対しての考え方も違いますのでその辺も加味してご検討ください。

横浜市でブロック塀を直す会社探し

横浜市の担当者とのお話の中で、工事するところを教えて欲しいと聞かれて困っている。というお話しがありました。
建築を含むすべとの工事に関して役所が業者を紹介することはほぼありません。

工事店をどうやって探す? というのを相談されたら? ということを聞かれました。
横浜市ブロック工事 等で検索。あとはその会社のホームページを見て実例を見て判断。 ということになるでしょうか?

横浜市はもとより神奈川県での外構工事が集約されている団体もなく、エクステリアメーカーの登録店というくくりということになります。
ハウスメーカーやディベロッパーの力が強い神奈川県では、あえて団体に所属していなくても下請けでやっていける。という状況があります。
それは弊社を含めてこれからどうにかしなければいけない問題と思っております。

リフォーム〇〇  一括〇社見積り。
というサイトをよく見かけますが、成約後5~15%をサイト運営会社に払うというシステムが多いので直接依頼する方がその分安くなります。

リフォーム会社や工務店に依頼すると年配の下請けさんが来て旧来のやり方で・・・ということにもなりかねます。

ブロック塀に関しては施工する側も甘く考えている会社もありますのでご注意ください。
外構工事店でも デザイン系。ブロック系。土木系。造園系。エクステリア製品組み立て系。という大まかな分類があります。ブロック系や土木系の工事店であれば安心かとも思われます。

よくあるトラブル

1 基礎の越境
  街中で工事をしているとき、隣地のブロック基礎が越境している現場が多々あります。 
 撤去することが多いのですが中には、今まで大丈夫だったのに撤去したせいでブロックが倒れたらどうする?といわれることもあります。
 基本的には越境しないで基礎を作り、それでも十分強度が保たれるということが大前提となります。越境しているから撤去してください。いやそれはお宅の都合。という問答が続きます。
 
2 ブロックが浅い
  昔のブロックは地面から5センチも入っていれば良い。駐車場を作るのに床のコンクリートすれすれのブロック基礎。
 もしくは基礎が無い。幅が無い。外周だけ先にブロックを積んだら後になって駐車場を作る時にブロックが浅くて基礎が出てきた。。
 作り直す場合や新規で作成する場合はそのあたりも検討しているのか聞いてみましょう。
 単純に金額比較だけではなく、ブロックの段数や㎡数を確認してみると実は1段深くなってしっかりと作ろうとしている。ということになります。

ブロックの打ち継ぎ、控え壁の作成(ブロックを強くする・ブロックの補強)

ブロック倒壊の報道の多くに控え壁が無い。という話を耳にします。
では控え壁だけ作ればいいのか?ということになりますが
控え壁はブロックの下に控え壁を作れる幅の分だけきちんと基礎が作ってある。ということが前提です。

控え壁作成の際にはブロック最下部まで掘り起こす必要があります。

作成の際に既存のブロックと緊結するために鉄筋を打ち込みますが、その鉄筋は打ち込み式アンカーでやってしまう会社が多いです。
それでアンカーが効くようでしたら、そのブロックは危ないですし、いつもそれを使っているという会社は不安です。

打ち込むことにより先端が広がり強度を保つ。 というのが打ち込み式アンカーですので、本来打ち込んで先端が広がるならばブロックは割れてしまいます。内部の重点モルタルに空洞があるのか強度が無いモルタルということになります。
接続面は樹脂アンカーをで接着式の物を使用しているという会社を選んだほうが良いでしょう。

ブロックの増し積みは原則禁止されています。してはいけません。

でも作り替える費用はないけど補強はしたい。どうにかできないか?。という応急措置の方法はあります。
ダメと分かっていても増し積みをしなければいけない状況等、原則論はダメだけどどうしてもできない状況には現場対応
となりますのでYAMASOでは状況に応じた最善策を取るようにしています。

YAMASOに工事依頼した場合

現在、ブロック塀のご相談のほかにも多くの案件をいただいております。自社スタッフにも限りがございますので、お急ぎの場合には協力業者に依頼することがあります。その際には上記のようなことを踏まえながらYAMASOの施工方法にて行いますのでご安心いただければと思います。

YAMASOでは数々の実績と共に総合外構工事業としての誇りを持ち、様々な観点からお客様への最善の方法を提案しております。
2018年6月20日地震によるブロックの倒壊について

大阪府周辺にて大地震が発生しました。被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。
ブロックの下敷きになって亡くられた方もおりご冥福を申し上げます。


外構・エクステリア業界に携わる一人としてブロックについてお話をさせていただきます。

何が悪かったのか?

小学校のプール際の3mほどあるブロックが倒壊し女の子が下敷きになって亡くなられたとのこと。

大変痛ましい出来事でありご家族及びその周囲の方々にはお悔やみ申し上げます。

私がニュースで聞いた話によると、40年ほど前に作られていたということを前提にお話をさせていただきます。

 

まず大前提が公立の小学校で起きたということ。

2m近くあるコンクリート擁壁の上にブロックをさらに8段。1.6m積み上げていますが

よく市(公共)の仕事でこんなことができるものだと目を疑ってしまいました。

市の工事でしたら専門部署からの発注であり、こんな工事はたとえ40年前でもあり得ません。

工事を発注した市の責任は相当重いように思われます。

問題となる点は

そもそも論として、ブロックの増し積がNG

控えブロック3.4m間隔も無し。高さの2.2m以下もNG。

という設計的な問題。

 

既存の擁壁に打ち込む鉄筋が短すぎるように思われますが

40年前では樹脂アンカー(ケミカルアンカー)はほとんど復旧していなく

打ち込み式アンカーでの施工と思われます。

中には打ち込み式鉄筋を使うのがもったいないので

穴をあけてそのまま鉄筋を入れるだけという荒業もありました。

こちらでは既存のコンクリート擁壁には5cmほどしか深さが入っていません。

上につながっている鉄筋40cmほどと考えられますので

1.6mの高さのある上のブロックが揺れれば5cmでは耐えられないということは

普通に考えても理解できるように思えます。

 

40年ほど前と言えば、職人さんの強い時代。基準はあっても自分たちがやりやすいようにやる方と、

こだわりを持った職人魂にそそぐ仕事をしている方という頃だったようにも思えます。


倒壊した写真を見る限り横の鉄筋は40cm間隔。縦の鉄筋は80cmのように見られ

一般的な横60cm(基準では80cm)間隔よりかは施工された方の気遣いがされているようにも感じられました。

ブロックは危険?

ブロックは決して危険なものではありません。
ブロック=危険 という風評被害が出ていますがそんなことはありません。

但し作り方を間違えると危険なものと豹変しますのでしっかりとした知識が必要となります。
ブロックは、ブロック塀と言われるように、塀の一部です。
土が接する場所では使用されるものではありません。

土に接する場合【型枠ブロック】 を使用します。

概略

高さ 基礎の作成方法、控え壁の有無により、最大高さは2.2mまでと決まっています。
厚み 建築基準法では100mm 協会推奨では120mm 高さ2~2.2mでは150mm。
鉄筋 控え壁が無い場合1.2m以下で縦に800㎜間隔 1.2mを超える場合縦に400mm間隔(太さD10の場合)
   横は800mm間隔
   ブロック内で継ぎ足してはいけない。
控壁 端部より800mm以内。3.4m以内。長さ400mm以上。

その他多様な決まりごとがあります。

【型枠ブロック】
一般的なブロックは正式には空洞ブロック呼びます。 上から見たら穴が3つ開いているものです。
型枠ブロックは文字通りの枠であり、ブロックとブロックをつなぐH型にもう1本横板がついているようなものです。
こちらの場合は空洞が無くすべての箇所にコンクリートが充填されますので強固なものとなります。
控えブロックの必要はありませんが、内側の縦と横の入隅にハンチと呼ばれる斜辺や補強基礎がさらに必要となります。
詳細はお尋ねください。

対策は?

外部からの視線を隠すためのもの【目隠し】(建築用語としてこれを目隠しと呼ばれています)

を行うためのブロックのようでしたので、今なら【目隠しフェンス】という視線を遮るものが多くあります。

高さ1.6mであれば内部に耐えうる基礎を作りその上にフェンスを作るということになります。

既存の擁壁の上にフェンスの作成もできますが、穴をあけてフェンスの柱を立てた場合

フェンスの柱と擁壁の厚みとの関連で 擁壁上部に柱を立てることは好ましくない場合が多いです。

一般的に1.6mのフェンスでしたら柱の太さは6cm角。

柱の対角で8.5cmの場合穴あけは約10cm。擁壁の厚みが15cmとすると

穴あけをした残った壁の厚みは2.5cmずつとなり、すぐに割れてしまう恐れがあります。

風圧を大きく受ける目隠しフェンスでは風の影響から埋め込んだ柱が耐えられなくなり柱が折れたり曲がったりしますのでフェンスが倒壊する恐れがあります。

擁壁の壁の厚みがある場合でしたら大丈夫。。。とも言い切れませんのでお願いする際に調査をしてもらい確認してみましょう。


目隠しフェンスは1.2m以下でしたら12cmのブロックの間に柱を立てても保持される。

というフェンス販売のエクステリアメーカーの話があります。(公にはブロックの上ということを記載していないことが多いです)

1.2mより高い場合はブロック上ではなく地中にそれなりの大きさの基礎を作成するということが前提となります。

例えば高さ2mの目隠しフェンスを作成する場合、60cm×60cm×深さ80cmの大きさの基礎が必要となることがあります。大きさは一例であり各メーカーカタログ掲載されていますのでご確認ください。

フェンスやカーポート等組立が得意な会社はスコップを使って穴を掘るのが苦手ということもあり基礎を小さく作ることもありますので、発注される場合は基礎の大きさはどれぐらいですか?とカタログを見せてもらいながら確認するのが良いでしょう。

横浜市「まちの避難経路」危険ブロック塀等改善事業

横浜市「まちの避難経路」危険ブロック塀等改善事業
というものがあり助成金が出ることがあります。

手続きに多様な書類が必要となりますので
にてご確認ください。

Yamasoでも取り扱っておりますが、詳細までの説明は困難ですので
横浜市都市整備局防災まちづくり推進課 までお問い合わせください。

ブロック塀診断士

ブロック塀診断士
日本エクステリア建設業協会による 【ブロック塀診断士】 という資格があります。
上記の項目などをさらに詳しく診断士、診断書の提出を行います。

Yamasoスタッフでも3人の有資格者がいますのでブロック診断が行えます。
ブロック診断には費用が有します。無償では行いませんのでご了承願います。

現時点では実際どうなのか?

外構工事は工事をする方の意識に基づくものが多分にあります。
土地・建物販売の不動産系や住宅専門のハウスメーカー。工務店等でご依頼される場合、担当の方が外構工事まで把握しきれていないのが実情です。

先日、目隠しフェンス工事をするのに、現場監督の方が手伝っていましたが基礎の大きさが小さくブロックも細く、高さ1.8m。という現場を目にしました。 
外構屋さんがやるんだから大丈夫でしょう。ということのようです。

外構会社の中でも造成系、公共系、ハウスメーカー系、一般個人系などの会社の分野がありますが、一般エンドユーザー(個人直接の依頼)会社であるYamasoでは毎回違ったお客様の要望や考え方のある中で日々お客様に育てていただいております。
神奈川県内でもエンドユーザー100%をいち早く打ち出しており、また自社施工スタッフでの工事を行っていることから安心してお任せいただいております。
エンドユーザーに強い会社は、すべての工事の責任を負う会社ということになります、変な仕事はできません。
一時的な儲けよりも将来的な手直しをなくすというのが会社運営の基本となります。

元請けでやりたいからという安易な会社もありますので
ある程度エンドユーザーでの仕事に実績のある会社を選ばれることが良いでしょう。


TV等を拝見していますが、一部コメンテーターの適当な解説もあり誤解を招いていることがあります。
実際にお客様と向き合って、提案する者、工事をする者は作った後のことまで考えて行っております。
これからオリンピックで景気上昇とともに仕事量が増えると悪質な会社も出る恐れがありますので、信用のおける会社、専門店にお声掛けください。
2018年5月13日最近のお問い合わせの傾向
こんにちは いつもご覧いただきありがとうございます。
GWも明けて休み中にご家庭内でご検討されてご連絡をいただく方が増えております。
景気が上向いてきているでしょうか?3月以降Yamasoのホームページを見られる方が1.5~2倍近くに増えてきております。

YAMASOは横浜南部の港南区に位置しておりますが、最近は青葉区や旭区からのお問い合わせが増えています。
特に旭区では白根、中白根。希望が丘、東・南希望ヶ丘と地域が集中しています。お客様にお話を聞いたところ工事車両を見かけてというよりホームページを見て。ということですので。不思議な感じもします。

現在弊社のマンパワー不足により、ご訪問や見積提出に少々お時間をいただいております。順次進めておりますのでご理解とご協力のほどお願いいたします。

同業の友人との話の中でも全体的にお問い合わせが増えてきているようです。お客様のお急ぎというタイミングもあるかとも思いますが、普段外構全体が得意でない会社や、組立のみ、ブロックのみという外構の中でも専門分野に分かれている会社など、慣れていない会社も動き出しており、多くのトラブルの声も聞こえております。
着手金詐欺や仕事紹介料の搾取。現場を天候以外でも来ない日が多い等々。
とりあえず行かないと着手金もらえないし、顔が立たないから1日だけでも行って・・・。そんなハウスメーカーや工務店もあります。
YAMASOではお客様との直接のお仕事ですのでどの現場も平均的に基本は着手してから完了するまで継続的に工事を進めております。

少々お時間をお待ちいただいても、何年も残るものですのでしっかりとした会社にお声かけいただければと思います。
その中でYAMSOという会社を選んでいただければ幸いです。

2018年4月20日ウォーターカーテン  横浜で水を使った庭づくりの参考に 
ウォーターカーテン グローベン  横浜
グローベン社より水を使った庭づくりの一つとして 【ウォーターカーテン】の紹介です。 ウォーターフォール(壁泉)も種類がありますが、静かに流れる水のお庭の一つとしてぜひご参考ください。
循環ポンプを使用し、常に水が流れるようになります。
別売りの照度センサー付きタイマーをつければ、日没後~数時間の設定ができますので、
リビングから見える水の流れと光がを堪能できます。
水の流れや光を見ることでのリラックス感。ヒーリング効果は生活や心を豊かにするアイテムとしていかがでしょうか?

こちらには樹脂製の柱、板材、パネル。循環ポンプ、照明のセットとなります。
価格は税込み ¥345,600
工事費は組立費+水道工事費がかかりますのでお問い合わせください。

2018年4月17日三協アルミ展示会見学  in静岡
P4070363-2

P4070364-e1523322505980
4月7日に三協アルミ主催の2018新商品展示会に行ってまいりました。
場所はツインメッセ静岡。首都圏や関西圏ではLIXIL社の売り上げが多いのですが、東海中京北陸地域は三協アルミ社の売り上げが多いということもあり、静岡では毎年三協アルミ社主催にて行われております。
YAMASOではこの後行われるEXE2018エクステリアメーカー合同展示会に先立ち、単独開催ならではの展示の多さということにも着目し見学してまいりました。

スカイリード

P4070204-2
昨年秋に発売された屋根の形状など様々な敷地に対応するカーポート 【スカイリード】
展示のように手前の柱梁を長くして門周りに広い空間を作り出したりすることもできます。
従来ではUスタイルという商品が自在に対応できるものでしたがそれをシンプルにし価格を抑えたもんがスカイリードとなります。

P4070205
梁下の照明もメーカーオプションにてつけられるようになりました。
今まで視界を遮っていました中残もなくなりすっきりとした屋根となりました。
P4070209
柱の位置をずらして、格子を取り付けた門周りの空間を演出できるようになりました。
P4070225
ウッドデッキ 
ラステラ
P4070229
今年はガラスのフェンスも登場です。

P4070238

P4070249
今年から照明にも力を入れています。
ライトの種類による明るさの違いが見れました。
P4070260
P4070283
街の掲示板も展示しています。
P4070262
機能門柱のファノーバ

P4070267
柱が吹き付け塗装仕上げとなっています
P4070270-e1523954787438
裏面はアルミパネルを使用。
電気配線もできます。
P4070319
P4070291
P4070302
P4070310
木目天井のカーポート
アトラード
P4070312
P4070363-22
こちらで紹介したものが7割ほどです。
東京開催ではこちらを凝縮したようなものになるかと思われます。
今年はガーデンルームの展示は無いかもしれないとのことです。

施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方