HOMEYamasoブログYamasoスタッフブログ > やまちゃんブログ

やまちゃんブログ

2020年3月30日ブロック塀研修会      横浜市港南区のYamasoで開催しました。

いまさら聞けないブロック塀の基本

いまさら聞けないブロック塀の基本
令和2年3月21日に
【いまさら聞けないブロック塀の基本】 と題した研修会をYamasoで行いました。
自社の営業スタッフ、施工スタッフはもちろん。協力会社や同業の方も参加し12名での研修。
講師はYamaso社長の山口が務めました。

ブロック塀研修会
見て覚えろ! 
という昭和の時代から
とりあえず1度は教える
という平成時代。
1度きちんと教えたうえで解らなくなったらスマホで確認
という令和時代。(となるのでしょうか?)

一度基本から振り返り、正しい知識を身に付けて挑んでもらいたいと思い実施しました。

ブロック塀の基本
資料は30ページにわたり約2時間。
多くの質問が飛び交う中、ホワイトボードに事例を記載しながら細かく説明。

設計、現場、材料、骨材等の基本事項。
よくある指摘事項。白華防止対策等。
1:3モルタルを作るにはスコップで砂〇杯?

営業スタッフは現場で説明できるように。
施工スタッフもお客様に聞かれた際にきちんと答えられるように。
設計の不具合、施工の不具合がお互いに注意できるようになれば素晴らしいものが出来上がるはずです。
ブロック塀は決して危険なものではありません。
風速60m/sにも耐え、時には洪水時の流路を変更し家を守り、
火災の際には防煙壁として、煙を多く吸わずに避難できる壁にもなります。
よくその辺にあるブロック塀ですが、自分たちが作ったものがより安心安全を与え、
世の中の役に立つものを作っている。ということを参加者に伝えました。

参加者の声
・今一度確認できてよかった。
・あやふやなうろ覚え部分が解決できた。
・現場実例を挙げながらの説明で解りやすかった。
・モルタルの配合がわかりやすかった。
・自社の職人にも教えてみたい  等々

お話を聞きたい方はYamasoまでお問い合わせください。
出張研修行います。 設計、営業、職人どの立場の方でも解りやすい内容になっています。
2020年3月5日ブロック塀等の安全点検をしましょう 横浜市のブロック等改善の補助金が使えます
横浜市 ブロック塀
今月の3月に発行されました【広報よこはま】に
「ブロック塀等の安全点検をしましょう」という記事がありました。
まだまだ危険なブロック塀が街中にあります。
道路に面している部分では補助金が出る場合があります。

横浜市 ブロック塀
基準に適合しないブロック塀等(コンクリートブロックやれんが、大谷石(おおやいし)などで造られた塀)は、地震などの際に簡単に崩れ、道路をふさいで避難等の妨げになるだけでなく、人命を奪うこともあります。
また、ブロック塀等が倒壊して事故が発生した場合には、所有者がその責任を問われる可能性があります。安全点検を行い、災害に備えましょう。
(上部記事抜粋)

横浜市 ブロック塀
大阪の地震で女の子がブロック塀の下敷きになり亡くなったのをきっかけに全国でブロック塀の安全点検がされています。
横浜市の公立の学校では撤去等の安全対策が終了したと聞いておりますが、民間ではまだまだ危険な場所が多くあります。
痛ましい事故から年ほどが過ぎ、のど元過ぎれば・・。
という感じにもなってきていますが決して風化させてはいけない問題です。
ブロック塀等の安全チェックポイント
日本建築防災協会からの記事が国土交通省のHPにも記載されています。

こちらで簡易的なチェックができます。


ブロック塀診断士

ブロック塀診断士 神奈川県 横浜市
ブロック塀が安全であるかどうか判断する資格として
【ブロック塀診断士】 という資格があります。

公益社団法人 日本エクステリア建設業協会発行の資格です。
受験資格には 建築士、施工管理技士(建築、土木、造園)、タイル、左官、ブロック技能士及びエクステリアプランナー、ブロック工事士(各資格1,2級含む)が必要とされ、一般の方では取得しにくい資格。
ブロック塀の専門家を名乗れる資格でもあります。
v
金属探知機を用いての内部鉄筋間隔の探査
ブロック塀診断士 神奈川県 横浜市
ブロックの基礎形状の確認
(鉄筋棒打ち込みによる基礎の算定もあります)
ブロック塀統括診断書
ブロック塀統括診断書
ブロック塀診断票
ブロック塀診断票の4ページ目
ブロック塀診断報告書
上記の診断書、調査票をもとに調査か所の写真を添付の上
報告書を作成し、
現在のブロック塀等は安全であるか?
ということを判断します。

危険度判定指標は15点を満点とする減点方式により
減点の度合いにより、A正常 B要注意 C,D,E危険の判定が下されます。
E判定は撤去という判定になります。
どんなに強固に作っても10年経過すると1ランク減点となりますのでA評価はなかなか難しいかと思われます。

そのうえで診断士の所見が記載されます。
診断の根拠や注意点。場合により改善方法の提案等診断士によって記載方法は様々です。

診断費用は有料となります。


どんな人が依頼するの?

チェックポイントの6番にある <専門家に相談しましょう> という観点より
公共施設の所有者、共同住宅、企業所有の物や隣地境界塀についてお隣さんとの同意を得るためなどのご依頼があります。
また、新しく作ったブロック塀は本当に安全なのか?
これからブロック塀を作ろうとしているけど本当に安全に作ってくれるのか第3者の専門家に見てもらいたい。
という声もあります。

皆さんがそうではないと思いますが、ブロック塀は人命にかかわるにもかかわらず、設計図面がいい加減に作成されていることが多いです。建築士は建物の設計のプロですが外構は飾り物だし・・・。という方もいることは事実です。

上場企業が行うの住宅や造成でも、この図面はいいのかな?
元請けの営業さんに言っても設計の建築士が書いた図面だし。下請けだからこのままやってしまおうか?ということもあります。
Yamasoではこのようなことを踏まえ、外構のプロとしてそんな仕事はできない。ブロックだけではありませんが使い勝手が悪いのを解っていて作るのはお客様に対して失礼であり、本意に反する。という観点より、

下請け仕事は一切しない。行う場合はこちらで図面を作成する。
というスタイルを神奈川県で最初に確立した会社でもあります。

補助金を活用しましょう

横浜市 ブロック塀等改善事業

横浜市 ブロック塀等改善事業
こちらは令和元年度の物です。 今年度の受付は終了しております。
4月以降新しいパンフレット等が発行されるかと思われますので、ご注意ください。


各市町村のホームページにてご確認ください。

使われていないブロック塀等改善事業補助金

先日、市議会議員の方と勉強会を催しました。
今年度、ブロック塀改善事業の対象となりうる物件を約12000件調査し9000件が補助金対象となるとのことでした。
(数値は聞いた話であり正確な数値ではありませんのでご了承願います)

そのうち横浜市としての見込み件数として約3分の1である3000件分が市の予算で計上されたとのことです。
しかしながら現在のところ700件ほどの申請のようです。

横浜市ではブロック塀の安全について、あくまでも
 【お宅の道路に面しているブロック塀を直すのならば補助金対象になりますよ】
というアナウンスをしています。
決して危険という言葉は使用していません。
でも 補助金が出る=危険な塀 という認識の方がよいでしょう。


横浜市 ブロック塀等改善事業補助金
横浜市では最大30万円の補助金が出ます。
よくある質問や、言われることで
① 30万円全額出るのではないの?
② 8万円しか下りないの?
③ 30万円以内なら全額補助じゃないの?

という声を聞きます。
お気持ちもわからないでもないですが、一定のルールに即しての補助金となりますのでご理解のほどお願いします。
(上記金額は令和元年度の物であり令和2年4月以降は変更となることもありますので詳しくは横浜市のホームページにてご確認願います。)

放置すると大変 所有者責任に

大阪北部地震関連が多く取り上げられていますが、実は熊本地震でもブロック塀の倒壊により亡くなった方がおられます。
裁判で所有者に対して約6800万円を請求される裁判もあります。
ブロック塀の倒壊により圧迫され後遺症が残る事例もあります。

民法第717条では
1.土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害の賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。

とされています。
これは中古物件を購入された場合や相続で引き継いだ時でも所有者になった場合はその責任もついてくる。ということになります。
(詳しくは法律の専門家にご相談ください)

※ブロック塀だけではなく樹木についても同様となるかと思われます。


ブロック改善事業例

BEFORE
ブロック塀改善事業例 横浜市青葉区
擁壁の上に積まれていた軽量厚み100mmのブロック塀
→
AFTER
ブロック塀改善事業例 横浜市青葉区
軽量ブロックを撤去しフェンスの取り付けを行いました。
補助金額30万円
BEFORE
ブロック塀改善事業例 横浜市旭区
鉄骨、スラブの上にブロック塀
→
AFTER
ブロック塀改善事業例 横浜市旭区
ブロックを撤去しました。
撤去の補助金¥109,800
BEFORE
ブロック塀等改善事業 横浜市南区
古い100mm軽量ブロック塀
→
AFTER
ブロック塀等改善事業 横浜市南区
ブロック塀を撤去し、目隠しフェンスに変更しました。
補助金額¥270,000
BEFORE
ブロック塀等改善事業 横浜市港南区
こちらも軽量ブロック100mmが積まれていました。
→
AFTER
ブロック塀等改善事業 横浜市港南区
基礎部分を鉄筋コンクリートにて作成し、
目隠しフェンスを取り付けました。
補助金額 約¥240,000
(お客様にて申請)
申請はお客様ご自身で行うことも可能です。
撤去のみの場合は図面は不必要ですが、フェンス作成の場合は新旧の図面作成が必要となります。
Yamasoでは申請の代行も行っています。
なぜかYamasoには特殊な案件が多く寄せられ、その度横浜市の職員の方と補助と対象となる部分を協議しております。
おかげさまで多様な物件に対応することができるようになりました。


ブロック=危険 ではありません

ブロックの危険性ばかりが目立っていますが、きちんと作れば風速60m/sの強風にも耐えられますし、
洪水の際には水の浸入も防いでくれます。
火事の際には塀の際を歩くことで、煙から逃れることもでき防災の面での役割は大きいものであります。

しかしながら昔のブロック塀は?というと
軽量の厚み10cmの物でとりあえず。 という風潮があったようで劣化の激しいブロック塀が多くみられます。

以前は土留めでも普通ブロックを多く使用されていましたが、現在では土留めには型枠ブロック使用されます。
型枠ブロックはCPブロックともいわれ、空洞の無いコンクリートがすべてに入っているブロックとなります。
穴の3つ空いたブロックは空洞ブロックと言われ、名前の通り中が空洞となり塀には使用されますが土留めには使用できません。
もちろん金額も1.5倍~3倍(施工会社による)違ってきますので単純に安いからこの会社というのはやめた方がよいでしょう。

安全なブロック塀のために

ブロック塀は安全なものでありながらも批判を浴びせられています。
施工する側の意識によって安全なものにも危険なものにもなり替わります。
施工者責任はもちろんありますが、作った後には所有者責任になってしまいます。

以前下請けをしていた頃現場の所長が、「20年以上マンション等の建築やっているけど、ブロック積むのに基礎を作る会社初めて見た。」と言われました。ショックであり、チャンスでもあると思い今のような形で生業をしています。
発注する側がその単価を出さないから。その図面でいつもやっているから。大手の下請けでやっています。=安心・安全ではありません。

これからも お客様に=地域に 安心なブロック塀をお届けできるように尽力してまいります。



日本エクステリア建設業協会 神奈川県会員

Yamasoでは 公益社団法人日本エクステリア建設業協会 に加盟しています。

外構・エクステリア工事のプロが集まる唯一の国土交通省の認可団体です。
その中でブロック塀診断士の資格を有する会社は安心安全な会社といえるでしょう。
ブロック塀診断士は危険なブロック塀を多数見て診断していますので、
実際自分たちが施工の際には危険なものが作れるはずはありません。

Yamasoにお声掛けいただくのが一番かと思いますが、タイミングや地域性もありますので
Yamasoだけではなくお近くの加盟店にもご相談ください。

2020年1月18日逗子マリーナ PetFesta2020 にYamasoが出展します。
第3回逗子マリーナ PetFesta2020
1月19日 日曜日に行われます

にYamasoがペットと楽しむ庭づくりをテーマに昨年に引き続き出展します。

当日は大変混雑が予想されます。
駐車場にも限りがあり昨年は駐車に1時間以上待ったという声もありますのでお早目のご来場もしくは公共交通機関をご利用ください

逗子マリーナ:神奈川県逗子市小坪5-23-16
■ JR鎌倉駅、JR逗子駅、京急新逗子駅より車で7分
■ JR鎌倉駅から15分毎に無料シャトルバス運行【駐車場完備】
※駐車台数に制限がございます。ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
|お問い合わせ|
逗子マリーナペットフェスタ実行委員会事務局
TEL:0467-24-1000
IMG_20190324_134002_1
IMG_20190324_120324
人工芝比較
今回は人工芝の比較アンケートを開催
4メーカー6種類の人工芝よりお客様に人気投票をお願いします。

私たちの勧めたい商品とお客様がよいと思うもの。
どの商品が1番に輝くのでしょうか?

高額なものが一番よくみられると思われますので
公平に 1平方メートル当たりの単価(㎡単価)の比較もありますのでそちらを踏まえてご検討願います。

アンケートにご協力いただきましたお客様にはわんちゃんのおやつをプレゼント。

先着100名様となっております。

ご来場プレゼント

QS_20200118-163330
主催者より 先着順にてお散歩バックプレゼント
数に限りがございますので お早めに

イベントスケジュール

QS_20200118-165059
開催は10時~15時まで
様々なイベントがありますので
イベントスケジュールをご確認ください。

最後には豪華景品が当たるじゃんけん大会もあります。

チャリティーライブ

QS_20200118-165643

チャリティーオークション

QS_20200118-165748
スペシャルサポーターの有名人ペット愛好家の方々から、
ご本人の愛用品や、pricelessな貴重なアイテムをご提供いただきました。
オークション落札代金は、『かながわペットいのち基金』に寄付します。
みなさん、ふるってご参加下さい!

【Special supporters】
杉本 彩さん/河村 隆一さん/鈴木 英人さん/波留 敏夫さん(中日コーチ)/堺 正章さん/宝田 明さん/さん/北原 照久さん (順不同)


2020年1月2日2020年 あけましておめでとうございます。   2019年前半のダイジェスト版です。
2020年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様のご愛顧により無事1年を過ごすことができ感謝申し上げます。
本年も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。
皆様にとって幸多き年でありますようにお祈り申し上げます。



なかなか更新ができませんでしたので 昨年前半の工事をダイジェスト版にて送らせていただきます。

1月

ペット博2019in横浜
昨年はYamasoにとって
【ペットと楽しむ庭づくり】
元年でした。
パシフィコ横浜にて開催されました
ペット博2019in横浜に出展。
3日間の開催にて約3万人の方々のご来場いただきました。
多くの方々にYamasoを知っていただいたかと思われます。
BEFORE
横浜市保土ヶ谷区 外構工事
横浜市保土ヶ谷区での駐車場作成工事
→
AFTER
横浜市保土ヶ谷区 外構工事
駐車場1台分のスペース作成。
隣地境界の不安なブロックを型枠ブロックで積み直しお庭を広げました。
BEFORE
IMG_20180913_163524
雑草防止のために防草シートを敷いていたお庭
→
AFTER
保土ヶ谷区 人工芝
天然木ウリンでのウッドデッキと人工芝のお庭に変わりました。

2月

BEFORE
横浜市ブロック塀改善事業 補助金を利用したブロック塀 瀬谷区
2月は横浜市のブロック塀改善事業
横浜市からの補助金を利用したブロック塀の工事が多くありました。
→
AFTER
横浜市ブロック塀改善事業 補助金を利用したブロック塀 瀬谷区
ブロック塀を撤去し、ブロックを積み直し。目隠しフェンスの取り付けです。
BEFORE
横浜市ブロック塀改善事業 補助金を利用したブロック塀 港南区
こちらもブロック塀の改善事業
厚み100mmのブロックでした。
→
AFTER
横浜市ブロック塀改善事業 補助金を利用したブロック塀 港南区
コンクリート打ち放しにて作成。
目隠しフェンスと取り付けました。
BEFORE
横浜市港北区 新築外構工事
横浜市港北区での新築外構工事
→
AFTER
横浜市港北区 新築外構工事
前面が坂のため駐車場やアプローチの勾配に注意しながらの土留めブロック。
床はスタンプコンクリートが最近多く出ております。

3月

BEFORE
中学校の危険なブロックの改善
中学校の転倒しそうなブロック塀の改善。
ブロックが上下で10cmの傾きがありました。
→
AFTER
ブロック塀補強鉄骨 FITパワーを使用
ブロック塀の耐震補強金具 大林(ダイリン)社のFITパワーを使用。
傾きが大きいのでさらに横方向に鉄板(フラットバー)を取り付け、柱に溶接。ブロックとの隙間は強度のあるグラウト材を充填。
このやり方はまだ全国的にも珍しいケースです。
YAMASOの施工力の高さの詰まった現場でした。
BEFORE
横浜市戸塚区 ブロック塀改善事業
横浜市のブロック塀改善事業です。
道路から1mを超える部分はカットしてくださいとのことです。
→
AFTER
横浜市戸塚区 ブロック塀改善事業
門壁とブロック1段分をカットしフェンスの交換としました。
3月までに工事完了報告及び手続きをしないと補助金が下りないという中での工事でした。
昨年度は書類審査に2か月を要し2月1日にまとめて3件工事許可が下りるという慌ただしいものでした。
工事準備をしながらもなかなか許可が下りない。許可が下りたら1か月以内に。。という変な状況でした。
BEFORE
横浜市旭区 コンクリートリフォーム シコク化成 エクラン
横浜市旭区の外構リフォーム工事
→
AFTER
横浜市旭区 コンクリートリフォーム シコク化成 エクラン
駐車場の床に四国化成社のエクランを使用。
既存のコンクリートにパターンがつけられます。
ブロック塀にはタカショーの化粧パネル、アートボードを張りました。
逗子マリーナ PET FESTA
3月24日に逗子マリーナにて行われました PET FESTA に出展。
お客様のご紹介により出展させていただきました。
リゾート感漂う雰囲気の中でのペットイベントに多くの方々が訪れていました。

4月

BEFORE
横浜市港南区芹が谷 生垣をブロックに改修
会社のご近所でのご依頼
生垣が手入れができなくなってきたので変えたいとのご要望
→
AFTER
横浜市港南区芹が谷 生垣をブロックに改修
生垣をブロック₊フェンスに変えました。
BEFORE
東京都大田区 擁壁工事
東京都大田区での擁壁工事
現地調査から計画、着手まで約1年半かかりました。
→
AFTER
東京都大田区 擁壁工事
倒れかかっていたブロック塀をコンクリート擁壁に。
2018年12月~2019年4月までの工事でした。

5月

BEFORE
YAMASOの マスコットペット 誕生
YAMASOにマスコットペットが誕生しました。
シーズー♀の くぅ です。
生後2か月半で仲間入りしました。
体重は1.75㎏ あどけない姿です。
→
AFTER
IMG_20191228_155028
12月には10か月となり、体重も6.1kgまで増えました。
日中は事務所におり、スタッフの癒しになっています。
吠えたりかみついたりしないので、打ち合わせ中にお子様とおとなしく遊んでいたりします。
BEFORE
横浜市港南区下永谷 目隠し塀作成
隣地との目隠し塀が欲しいとの要望です
→
AFTER
港南区下永谷 目隠し塀作成
階段の位置を変えて、目隠し塀の作成を行いました。
BEFORE
横浜市港南区芹が谷 雑草対策
以前はガーデニングやっていましたがちょっと子育てをしている間に伸び放題に。
すっきりと防草対策のご要望です
→
AFTER
IMG_20190530_173715
床面には遮熱性のインターロッキングを設置。
草むしりから解放され、夏でも暑くなりにくいお庭となりました。

6月

BEFORE
横浜市都筑区防音フェンス
車や学生の通りが多く、音に悩まれていました。
→
AFTER
防音フェンス
防音フェンスを設置。音の軽減をしました。
BEFORE
横須賀市ウッドデッキ工事
ウッドデッキと目隠しフェンスのご要望
→
AFTER
横須賀市ウッドデッキ工事
天然木 イタウバ でのウッドデッキ・目隠しフェンスの作成でした
いかがでしたでしょうか?

ご覧いただきましたように、昨年はブロック塀の改修が多い年でありました。
きれいな見栄えのする工事は見栄えもよく良いのですが
安全で暮らせるまちづくりの一環としてのブロック塀の改善の工事も必要不可欠であります。

後半もブロック塀の改修が多くありますが、お楽しみください。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
2019年12月4日年末年始休業 及び臨時休業のお知らせ
年末年始休業は下記の通りとなります
2019年12月28日~2020年1月7日まで

ペット博2020in横浜 出展及び準備のための休業
2020年1月10日~1月14日まで

逗子マリーナ Pet Festa 出展のための休業
2020年1月18日~19日まで

ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いします。


上記休業となります。ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いします。


施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方