HOMEYamasoブログYamasoスタッフブログやまちゃんブログ > 雨天中止 新築前の外構土留め工事 VOL.2
2013年2月27日雨天中止 新築前の外構土留め工事 VOL.2

こんにちは。

いつもご覧いただきありがとうございます。

前回の様子はこちらから

本日の作業は雨天中止となりました。

朝からの冷たい雨。本日も昨日同様の残土搬出でしたが、

雨天の土工事はいろいろと問題があるため、明日に順延です。

そんな中でも、午後からガス工事店が早速来ていただき

ガス栓プラグ止め

ガス栓プラグ止め

道路より約50cmほど深い位置でプラグ止めをしてもらいました。

これで安心して工事が進められそうです。

知り合いのガス会社の方に聞いたところ、個人邸の宅内の場合、

ガスの埋設深さは通常150mm。乗用車程度の駐車場の場合は300mmのようです。

ブロック基礎など深く掘る場合は別として駐車場の鋤取りの場合200~250mm掘り下げますが

浅いガス管を見かけることが多々あります。給排水管も浅いこともありますが・・・。

地盤が固くて掘りきれず浅くしたのか、手を抜いたのか・・・。設計計画が悪かったのか・・・。

埋設管が浅い場合は、その場に応じて対処しますが、極端に浅い場合、後日床のコンクリートの割れなどにもつながります。

住宅会社にお願いするときは一言給排水・ガスの埋設管は30cm以上埋めてくださいね。

と一言言っていただけると助かります。

中には外構は別発注だから、浅くやっても引き渡した後に外構工事を行うので、こちらには責任が無い。

という会社も数社ありまして。困ったものです。

今回は事前外構工事後の住宅工事ということで、先に外回りを固めてしまうため後が楽です。

住宅着工前に外構をご相談していただければ、いろいろなご提案ができるかと思います。

住宅を建てる際には決めることが多く、中々外構までは行き届かないと思いますが、

先に外構プランもある程度固めておくことで、より良い庭造りの提案ができるかと思いますので

是非お声掛けいただければと思います。

本日もご覧いただきありがとうございました。

----

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話の方は 045-820-5185 へ

横浜で外構 横浜でエクステリア のご相談は yamaso

横浜市港南区芹が谷1-26-10

車・徒歩でのアクセスはこちら

何から話していいんだろう?聞くに聞けない

初めての電話の掛け方

お困りごと?相談?こんなことできるのかな?

キーワード急上昇中!
LIXILの新しいカーポート

ファサードを魅せるカーポート アーキフィールド 登場

関連のYamasoブログを見る
一覧へ戻る
施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方