HOMEYamasoブログYamasoスタッフブログやまちゃんブログ > ベースコンクリート打設 横浜市I様邸地下車庫工事 Vol.7
2013年2月13日ベースコンクリート打設 横浜市I様邸地下車庫工事 Vol.7

こんばんは。

いつもご覧いただきありがとうございます。

横浜市緑区で行われております地下車庫工事の7回目です。

前回の様子はこちらから

今日はベースコンクリート打ちです。

コンクリート打設前状況

コンクリート打設前状況

コンクリート打設準備が整ったところで

コンクリート打ち

コンクリート打ち

ポンプ車、生コン車を配置して最初にコンクリートの受け入れ試験。

コンクリート試験準備

コンクリート試験準備

試験の準備も完了。

早速試験開始。

右側の円型台形状の筒にコンクリートを入れて

コンクリート試験

コンクリート試験

上に持ち上げて

コンクリートスランプ試験

コンクリートスランプ試験

もちろんコンクリートが広がっていきます。

先ほどの台形状のものが高さ300mm。

これを上に持ち上げた時にどれだけ高さが低くなるか?。

というのがコンクリートスランプ試験。と言われるものです。

今回の試験では20.5cm 注文は18cmでしたので、許容範囲の±2.5cmの範囲内で合格です。

もし許容範囲を超えたら・・・。不適合品として、お持ち帰りとなります。

コンクリート試験結果

コンクリート試験結果

左上がコンクリートの空気量を計測。

左の円柱状のものがコンクリートの強度を測るためのつつ。

こちらで1週間後と4週間後に強度試験を行います。

メーター計測は塩分量の測定です。

今回の設計強度は21N/mm2。これに品質保証強度を+3N。

温度補正値として+6N。今回は30N/mm2で打設しました。

Nはニュートンです。以前の単位で言うのなら300kg/cm2。

1センチのサイコロの上に300kgのものを乗せても壊れない強さ。

と言ったほうが分かりやすいですね。

今回の試験は施工の規模より、役所への提出義務はなく任意で行うものですが、

yamasoで作る擁壁工事ではお客様への信用をもとに行っております。

---

現場のほうへ戻りまして

コンクリート打設

コンクリート打設

コンクリート打設風景

コンクリート打設風景

所定の高さまでコンクリートを流し込み、均していきます。

コンクリート流動化用のバイブレーターも高周波バイブレーターを使用し、隅々までコンクリートをいきわたるようにしています。

コンクリート打設完了

コンクリート打設完了

コンクリートを均して工事完了です。

床の仕上げコンクリートはまた別に打ちますので、仕上げ押さえまではしなくて済んでおります。

表面に置いている鉄筋は型枠サポート用です。これはまた次の機会でお話しします。

本日は以上です。

本日もご覧いただきありがとございました。

----

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話の方は 045-820-5185 へ

横浜で外構 横浜でエクステリア のご相談は yamaso

横浜市港南区芹が谷1-26-10

車・徒歩でのアクセスはこちら

何から話していいんだろう?聞くに聞けない

初めての電話の掛け方

お困りごと?相談?こんなことできるのかな?

キーワード急上昇中!

LIXILの新しいカーポート

ファサードを魅せるカーポート アーキフィールド 登場

一覧へ戻る
施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方