HOMEYamasoブログ施工ブログ > やまちゃんブログ

やまちゃんブログ

2021年9月2日防災週間 安全なお庭、街づくりを  横浜のYamasoより、安全な目隠しフェンスのまとめ
PA050535
毎年8月30日より9月5日まで防災週間となっています。そして9月1日は防災の日として首都圏では多くの自治体で防災訓練が行われたようです。

私の住む自治会でも毎年防災訓練を行っていますが(昨年今年はコロナ禍のため休止)住まいの防災に関しては各個人任せとなっているのが現状です。
今一度住まいの周りを見渡して災害にならないか確認してみましょう

ハザードマップ

マッピー 横浜市
横浜市には マッピー という 【横浜市行政地図情報提供システム】があります。こちらはどなたでも閲覧可能です
その中より 【わいわい防災マップ】というのがありますのでそちらから住まいの地域の情報が解ります。

QS_20210902-211508
【わいわい防災マップ】 をクリックすると上図のように検索項目が出てきますので
左下の (土砂災害) をクリックし、住所を入力すると下図が出てきます
QS_20210902-205855
こちらの地図により、自分の住んでいる地域が土砂災害警戒区域なのかどうか?というのが解ります。
同じように(津波想定)、(洪水想定)という項目もありますので一度確認してみるとよいでしょう。

急傾斜地とは?

QS_20210902-212148
こちらは神奈川県のホームページからの引用です。
QS_20210902-212447
神奈川県のホームページより
角度30度以上。高さ5m以上。急傾斜地の崩壊により危害が生ずるおそれのある人家が5戸以上ある箇所は
県の予算で防災工事を行ってもらうことができます。

横浜市の急傾斜地状況

QS_20210902-212825
元々要望個所が多いようですが先の熱海での土砂崩れの影響で増加も予想されます。
こちらは5戸以上が対象となりますので自治会等地域の皆様からの要望となります。

お庭の防災 目隠しフェンスについて

IMG_20181001_084239
こちらは強風でブロック、フェンスが倒れてしまった状況です
BEFORE
P4260011
擁壁の上にメッシュフェンス1段
→
AFTER
RIMG6739
既存ブロック上に2段増し積みして目隠しフェンス


RIMG7130
強風でブロックごと倒れてしまいました
IMG_20181001_0902401
1段目のブロックに入っていた鉄筋は
打ち込みアンカーでも無く、ただ穴をあけて鉄筋を入れただけの物でした。
IMG_20181021_160353
こちらはメッシュフェンスに目隠しシートをつけていたため。風圧を受けてブロックが取れてしまった状況です

メッシュフェンスに見隠しシートをつけている光景をよく見ますが、非常に危険です。
メッシュフェンスの柱は安さ重視の商品が多く、柱が折れやすいです。
IMG_20181021_160358
鉄筋は上記と同じように穴をあけて、差しただけの物でした。
またブロックの横鉄筋も入っていなかったため1個1個がばらばらになっていました。
RIMG7516
直す際には、鉄筋を200㎜間隔の樹脂アンカー(ケミカルアンカー)で打ち込みました。
IMG_20181215_120053
フェンスの柱も1m間隔としています。
一般的にフェンスは風速34m/sに耐えられるようになっていますが、近年の大型台風ではそれを超えるものもあり
一般的に行われる2m間隔に柱を立てるものを、1m間隔と短くすることで42m/sに耐えられるものとなります(メーカーにより耐風強度は異なります)
目隠しフェンスを行う際の注意点として

① 既存ブロックに穴をあけて柱を立てる方法は、既存ブロックがどのように作られているのか不明なため行わない

② 100㎜のブロックの上に目隠しフェンスは立てない。120㎜以上のブロックを使用
  (化粧ブロックでは凹凸のある一番狭い部分をブロック正味厚みとなります。よく使用されています、「ウルトラC外幅120㎜の物は正味100㎜のブロックという扱いとなり、新設でも目隠しフェンスには適さない厚みのブロックとなります。外幅150㎜の物がありますのでそちらを使用してください)

③ 高さが高くなる場合は普通空洞ブロックではなく、土留めでも使用される型枠ブロックを使用する

④ 高さを調整するために既存のブロックの上にブロックを継ぎ足さない

⑤ 建売住宅でコンクリートの上にブロック1段+メッシュフェンスからの変更は要注意!!
 ブロックを一度撤去して積み直したうえで目隠しフェンスをつけましょう

等々注意しましょう

Yamasoではお客様からの相談の際に、ほかの会社ではブロックを上に足して行う。既存のブロックに穴をあけて行う
と言われた。ということをよく聞きます。
もちろん一度撤去した方が高くなりますので、金額で大差がつき受注できないことも多々ありますが、それをきちんと話してくれたのは御社だけ。ということで受注される方も多く居ます。
後日通りを通ってみると、あ~そのままブロック足してつけてしまっている。ということもあります。




20200508_200515_0033
こちらは道路から5mの高台にある住宅の新設フェンス
20200508_200515_0036
高さ3m お客様と協議しまして柱を650㎜間隔として行いました。
フェンスを支えるのは柱です。柱の本数を増やすことで強度がアップします
IMG_20210802_1448491
こちらは四国化成工業社のフェンス柱材です
左が従来品26×36mm の物でした
2021年度より柱を40×40mmサイズに変更し強度アップしています。
IMG_20210802_1449291
右は2段フェンス用の柱 60×60mm 高さ2mまでの対応です。
2.2m~3m用は60×90mmとなります。
どちらも補強材が入り、他のメーカーよりも丈夫にできています(Yamaso調べ)
丈夫なフェンスをご希望の場合はシコクのフェンスをお勧めします。
DSCF9459
フェンスは基礎が肝心です。
メーカーのカタログに基礎の大きさ600×600×1000Hとなっています。
DSCF9462
人が入って掘るので大きさは700×700となりました。
0372
高さ2900㎜の目隠しフェンス
こちらを支えるのにはきちんとした柱の基礎が必要です。
目隠しフェンスの基礎やブロックの補強等手を抜く業者が多いのも事実です。
いつもこれぐらいだから大丈夫ですよという、わけのわからない理由で手を抜き、うちは安いですよ!
という問題ではないと思います

良い業者か確かめるには、
① 見積りに基礎の大きさが書いてあるか。 書いていない場合は聞いてみましょう
② 基礎の単価が安すぎないか?
  インスタントセメント等、水を入れて混ぜるだけというものが1袋650円程度でホームセンターで売っています
  10%を載せたとして715円で約14リットル分です。
  2mフェンスで、基礎の大きさ500×500×800の場合15袋使用しますので材料代だけで¥10725となります。
  そちらに、施工費として、掘って、柱を立ててコンクリートを充填する手間がありますので1か所¥15000以下の場合はきちんと基礎を作らないということになるでしょう。
 でも砂とセメントを混ぜて練って行う場合は材料代は¥4000で済みますが、施工費1万円を切るのは要注意です(地域の賃金状況にもよります)
 コンクリートは手練りですか?インスタントセメント使用しますか?と聞いてみるのもよいでしょう。
③ 使用するブロックの厚みを確認しましょう。本当に大丈夫ですか?と聞いてきちんとした回答であればよいのですが
 言葉を濁すようであれば要注意です。

目隠しフェンスは製品代が高いので、工事金額も高くなってしまいます。
安さに惑わされずに安心安全で快適な生活が送れるようにYamasoは願っております。
2021年8月9日夏季休業のお知らせ
QS_20210809-203829
平素は格別のご高配を賜りありがとうございます

8月12日より8月16日まで 夏季休業とさせていただきます
8月17日火曜日は定休日となっておりますので
8月18日より通常営業となります

休業期間中のお問い合わせの返信は
8月18日以降となりますのでご了承願います

2021年7月15日隣の犬が吠えるのをどうにかしたい  横浜市鶴見区ペットのご相談
BEFORE
IMG_1757
→
AFTER
IMG_20210712_121422

IMG_2476

工事場所
横浜市鶴見区
工事区分
外構リフォーム
工事概要
目隠しフェンス、目隠し門扉
b66811bb5f1dd150b450d88e2613cd55
自宅で教室を開いているお客様
小さな生徒さんも来ますがお隣の大型犬によく吠えられて、怖がってしまいます
玄関扉を開けると吠えられてしまいいつもびっくりしてしまいます
どうにかほえないように目隠しができないものでしょうか?
というご相談でした。

工事前

IMG_1114
裏庭に行くのに通路は確保したいので扉が欲しいというご要望
ブロックから外壁まで680㎜程でした
IMG_1113
お隣様でフェンスをつけたのですが
お隣様の駐車場からは1.8mほどありますが、こちらの玄関前のからは1mほどの高さです

IMG_20210329_115606
階段の手すりは欲しいというご要望です。

工事中

20210630_210712_5
フェンスの柱をコア抜き
柱の太さに応じて手すりは65Φ
門扉の柱は180Φで深さ450mmの穴あけでした

20210630_210712_3
穴が無事に空けばあとは各柱をさらっと取り付け。
噂には聞いていましたが工事中ずっと隣の大型わんちゃんに吠えられていました
20210705_210712_2
門扉は高さ1800mm 幅は500mmの特注品です
20210715214641157
施工図です
建物や玄関ポーチ、その他諸々。。
門の柱はどこに? フェンスの柱はどこに? 門扉開けたときにフェンスの柱が邪魔してしまう?
フェンスの端部に柱が来ない?
いろいろと検討するには必要な図面です。
一般的に外構屋さんは施工図をあまり書かないのですが、Yamasoではよく書いています。
こちらの図面は社長ではなく営業設計のスタッフが書いたものです

完成

38017f889f1512787b62b085d7d5a063
無事完了
IMG_2478
わんちゃんからの視線をうまく遮ることができました
IMG_24761
玄関扉を開けても格子が斜めなのでお隣さんも気にせず閉塞感がありません
IMG_2477
外壁側によると、斜めの格子で道路側は見えます
風通しもよく、視線を必要な部分だけ遮ることができました
IMG_20210712_121509
フェンスの柱が端部より少し離れるため、フェンスを支える横桟を門扉の柱に固定して補強しました。
46b61e629857649e52e728b7971a5c68
扉を開けた際にフェンスに傷がつかないように
ドアストッパーの取付
意外とつけられていないことが多いです。
IMG_20210712_121507
今回使用したフェンスは、三協アルミ社のエルファード5型
一般的には縦格子ですが、この商品は平行四辺形になっており絶妙な角度での目隠し部材となっています
IMG_20210712_121502
斜めに目を向けるとよく見えて、防犯上にも良い商品ですが
斜め格子フェンスはあまり知られていないようです。

こちらの商品はYamasoが提案し実現化された一品です

お客様の声

IMG_2482
今回は本当にありがとうございました。
数社お声をかけさせていただきましたが、斜め格子の発想は他社にはなく、具体的に満足のいく提案をしていただいたのはYamasoさんだけでした。

本当に隣の家のわんちゃんが吠えなくなるのか心配ではありましたが、完成してみると道路際から入る際には多少吠えるものの見えないせいかあまり吠えなくなり、教室に来る小さな生徒さんからも安心すると言われて、作って良かったと思います。
私たちも玄関出てすぐに吠えられていたのが少なくなり、直接見えなくなったことで安心して生活ができて何よりです。
良い提案をありがとうございました。

スタッフより

IMG_2483
Y様
この度はご依頼いただきありがとうございました。

現地調査中もずっと吠えられ、困っていることかと感じておりましたが、工事も無事完成し完成確認の際にもあまり吠えられず、気配を感じた際に吠えられることはありましたが、直接見えないので恐怖心は無く吠えられる回数が少なくなりました。
視線を隠すことでわんちゃんが吠えにくくなるということを実感させられ、こちらとしても一つ勉強となりお礼申し上げます。
小さな生徒さんにも安心して通える教室で、より多くの方々に通ってもらえたら幸いです。
何よりもお客様の満足そうな笑顔に私たちも喜びを感じております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

工事概要

営業・プラン・施工管理
かよちゃん
施工スタッフ
ヨッシー
工事価格帯
50~100万
工事期間
3日間

使用材料

目隠しフェンス 三協アルミ エルファード5型 H1800
門扉 三協アルミ レジリア ハイタイプ H1800 W500
手すり LIXIL UD手すり 
2021年7月1日ウェブ集客で120件集客  リフォーム産業新聞2021.06.14号に掲載されました
リフォーム産業新聞06.14号掲載
リフォーム産業新聞 2021年6月14号に Yamasoの記事が掲載されました。
前回5月3日号にも掲載されましたが、今回は前置きもなくさらっと掲載されており、ちょっと驚いております。

Yamasoでは自社ホームページの充実度合いなのでしょうか、月間30~70件ほどホームページからのお問い合わせをいただいております。
 特にSEO対策をしているわけでもなく、HP制作会社には箱だけを作っていただき、中身はすべて自社スタッフの言葉で作られています。 
 実際に工事をする人やデザインをする人が文章を書くわけですから、外部に委託作成するうわべだけの言葉よりも説得力のある文章が好評を得ているようです
 先日もホームページ制作会社によるの座談会のようなセミナーがありましたが、制作会社は成功と言われるホームページを作るまでに1~2年。話を聞いて話すまでに1年と最低2年のブランクはあるように感じられます。
 実際に個人のお客様に日々相談を寄せられているYamaso(BtoC:企業対個人客)と、会社の成功事例を聞いてそれを外部に話すいわゆるBtoB(企業対企業)の会社ではお客様はだれか?という点で違うものと思いますので、個人的にはホームページは箱だけ外部。中身は自社スタッフで作りましょうということを推奨しています。

こちらの記事にある、よくある質問のコーナーはお客様から聞かれ、説明していることを記載しています。
工事契約をするお客様の多くの方が工事前や工事中に読んでいるようです。


IMG_20210701_173504-3
こちらは8年前にセミナーを行った際の資料です。

全部で175ページあります
先日同業の友人がホームページの相談に来た際に改めて読み返しましたが多少の違いはあるものの、基本的事項は変わらず今でも使えるネタ満載でした。

友人からは、そこまで考えて作っているのかと感心していました。

現在はペット博出展での広告宣伝活動をしていますがその他は自社ホームページのみでの営業活動。
ホームぺージは管理費のみ。サイト広告は無しですので
実質広告宣伝費は0円で集客。
日本で一番、宣伝費をかけないで、問合せや受注をしている会社であると自負していましたが、最近はYouTubeでお金をもらいながら宣伝する人も出てきていますのでどうなのでしょう?

広告宣伝費は工事でお客様に還元。
同業の方からブロックを積むのにそこまでやるの?と言われることも多いです。

2021年6月1日リフォーム業界の実態調査 代金回収について 2021.05.03リフォーム産業新聞に掲載されました
リフォーム産業新聞 2021年5月3日号 掲載
リフォーム産業新聞 2021年5月3日号に Yamasoの記事が掲載されました。

着手金、契約金をいただきません  というのが目に留まったようです。

Yamasoでは着手金、契約金をいただいておりません。
こちらはホームページトップ画面に出てくる文面です。

多くのリフォーム会社、エクステリア会社が着手金や契約金をいただいている様ですが、Yamasoではいただいておりません。またコンサルタント会社でも、早めに徴収。遅くに支払いということを言われることもあります。

中には契約金50%、着手金30%と始まって間もなく8割を支払い一週間後に工事を停止し放置したままでYamasoに相談された方もいます。
とにかく着手すればお金が入る。という自転車操業的な考え方よりも、しっかりと工事を行ったのを見届けてから支払うのではお客様の気分も違うことかと思います。

基本的には材料費や工事費は月末締めの売掛払い。社員の給料を払うにも月末締めとなりますので、着手金をもらわなくても十分に成り立つはずと思うのですが、そうでもないようです。
実際には社長の給料は支払いに回されて、3か月後という時期も昔はありましたが・・・・
 現在はうまく回転しています。

 Yamasoでは現在工事内示をいただいてから実際に工事を着手するまでに1~2か月いただいております。
スタッフにも限りがあり、どこでもよいから外注にという会社ではないため、目の届く範囲。品質を確保できる範囲としているためですのでご了承いただければと思います。
 契約金だけ払って工事は2か月後ではお客様も不安になることでしょう。
 着手金をもらわずともやっていける数少ない会社。
 お客様から着手金が要らないから決めたという声も多数いただいております。
 資金繰り。経営的に健全な会社と思っていただければ幸いです

施工実績
yamasoブログ
お客様の声
会社概要
お問合せ、ご相談はこちら!メールでのお問合せ
  • 電話の掛け方
  • よくあるご質問
  • Yamasoホームページの見方
工事着手金はいただいておりません
数多くあるサイトより、ご覧頂きありがとうございます。
お客様目線を第一に、自社のアピールより、お客様の知りたい情報、どう選んだらいいのかを考えてHPを作成しています。
社長あいさつ
日経産業新聞にて弊社が紹介されました。
お役立ち情報
仕上げの種類
メーカー1押し商品
工事会社の選び方
新商品お勧め品情報
キャンペーン
用語集
よくある質問
エクステリアプランナーとは?
聞いてなっとく!会社選びのコラム
施工実績
駐車場2台分以上の工事
新築外構
外構リフォーム
ちょっと難しい工事
庭を広げるリフォーム
擁壁
プラン集
商品情報
商品紹介
売れ筋ランキング
商品価格帯早見表
おすすめ樹木
お手頃ガーデン
お手入ワンポイント
Yamasoとは?
会社概要
6つの特徴
Yamasoでできること
工事の流れ
工事契約・着工までの流れ
料金について
外構の保証
yamasoが選ばれる理由
ある新築エクステリア工事のストーリー
お客様の声
スタッフ紹介
Yamasoブログ
山創建設株式会社
〒233-0006
神奈川県横浜市港南区
芹が谷1-26-10
TEL 045-820-5185
FAX 045-820-5186
その他のコンテンツ
ホームページの見方
電話の掛け方
依頼の仕方
リンク集
サイトマップ
個人情報保護方針